仮想通貨ニュース

【11月2日概況】ビットコイン11月初めは方向感無し!FOMCを多少警戒か?!

投稿日:

ビットコインの11月初めの相場は途中反発の傾向が見られたものの、

その後は再び値を消し方向感に欠ける展開となっています。
11月2日〜3日にFOMCが開催される予定で、金融政策の変更は予想しづらいものの、

大型イベントのため多少警戒感が見られ、売りがまだ出ているようです。
ビットコインの11月2日の概況について解説します。
(この記事は11月2日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値を紹介しています。)

 

11月1日午前7時からの動き

11月1日午前7時、702万円で推移していたビットコイン、その後704万円まで上昇するも、

最近の日本勢は売り物が溜まっているようで元気がなく、午後1時には681万円の短期サポート前まで下落します。
ただ、短期サポートはキチンと機能し、その後反発、午後5時には713万円に上昇し、

短期レジスタンスを脅かす展開になるも、NY時間からは再び勢いを無くし、

11月2日午前5時には689万円に下落をして、午前7時現在は697万円で推移する展開です。
5%以下の狭い値幅で上値、下値をつけており、方向感に欠けるトレードがしにくい動きになっています。

 

FOMCを多少警戒か?!

11月2日、3日の日程で、米国ではFOMCが開催されます。
今回の焦点は、前回決定した内容から、あまり大きな変更は無いと予想していますが、

それでも大型イベントのため警戒され、売り物が再び出ているようです。
FOMCの内容が確定する11月4日午前1時〜3時頃まで今の警戒感は続くかもしれませんが、

その月の動きが本格化するのは月の初めより2日以降が多いため、本日から大きな動きになる可能性もありえます。
今の段階は、サポートに気をつけながら、買いスタンスで問題ないでしょう。

 

本日のサポート&レジスタンス

本日のサポートは、短期サポート、中期サポートが680万円の位置に集中したため、

この水準を下回ると大きな下落になりそうです。
一方でレジスタンスは短期レジスタンスが714万円の位置に、

中期レジスタンスが721万円の位置にあり、ブレイクには力がいる展開です。
中期レジスタンスまでブレイクできた場合、上昇が加速する可能性があるでしょう。

 

まとめ

ビットコインの月初めの動きは、方向感に欠ける展開になりました。
11月2日、3日の日程で開催されるFOMC前に多少警戒があるようで、

方向感を失わせる原因となっているようです。
2日以降からその月の動きが出る場合もあるため、流れについていきましょう。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.