仮想通貨ニュース

【8月31日短期予想】ビットコイン週明け上昇分の値を消す!本日はユーロCPIで要注意?!

投稿日:

ビットコインは29日の上昇分を見事に消し、短期の戻りは終わった動きになっています。
本日は夕刻にユーロ圏の消費者物価指数、ユーロCPIが予定されており、

月末での波乱要因になる可能性がありそうです。
ビットコインの8月31日の概況について解説します。
(この記事は8月31日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値と値動きの予想を紹介しています。)

 

8月30日午前7時からの動き

8月30日午前7時、280万円で推移していたビットコイン、

正午から短期レジスタンスが発生した後、一度前日の高値を更新します。
午後4時には285万円をつけるも、反撃もここまでで、欧州時間には売られ、

8月31日午前1時には271万円へと週明けの水準へと戻ります。
その後は午前4時に279万円へと戻したものの、午前7時現在は275万円と、

再び安値を狙いそうな雰囲気で推移中です。
円安時に発生しやすい、日本人嵌め込み型の下落相場で、

5月頃の下落相場で見られた動きに近くなっています。

 

本日はユーロCPI!タカは2羽いる?!

ジャクソンホール以降、NY株価は3日連続日足陰線をつけており、ダメージが大きそうです。
NY株価が反転し、上昇基調を作らない限り、ビットコインも300万円回復は難しいでしょう。
本日はユーロCPIが午後6時に予定されており、この結果次第では本日の相場は大荒れしそうです。
ユーロ圏も9%とインフレが高く、ECBも利上げを急いでおり、FRBと共にタカは2羽います
月末相場は反転しやすいものの、ユーロCPIが予想より高い事を悲観する動きで、欧州株価、NYダウと波及し、大荒れするかもしれません。

NY株価次第?!・・https://bitcoin-valley.com/news/btcmarket-362/

 

本日のサポート&レジスタンス

本日のサポートは、変わらず268万円の位置のままです。
ここを下回ると、250万円を目指すかもしれません。
レジスタンスは289万円の位置に短期レジスタンス、291万円の位置に中期レジスタンスがあります。
ここまで戻せる元気があるかに注目です。
昨日高値掴みをさせられ、日本時間は売りが発生しやすくなるでしょう。

 

まとめ

ビットコインは週明け上昇分の値を消し、再び下落基調です。
本日はユーロCPIが予定されており、結果次第で相場の波乱要因になりかねません。
夕方からの動きに注意しましょう。

ビットコイン谷 人気記事

3分で「本場のカジノ」を味わう方法を知らないままですか?

カジノで遊びたくても飛行機に乗り、

海外に行って遊ぶ以外に選択肢がありませんでした。

 

では、カジノに遊びに行く最も手軽な方法はなんでしょうか?

それは「インターネット」です。

 

最大手オンラインカジノ「Bitcasino.io」では、

自宅からスマートフォン・パソコンで「本場のカジノ」を楽しむ事が出来ます。

臨場感が溢れる「ライブカジノ」で遊ぶもよし、

慣れ親しんだ「スロットゲーム」で遊ぶもよし、

 

日本人スタッフによる24時間日本語サポート完備

入金/出金も"反映まで2分程度"と高速対応!

プレイヤーの手間を極限まで省いてくれています。

まずは「登録」して仮想通貨を狙ってみてはいかがでしょうか?

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.