仮想通貨ニュース

「SBINFT Market」が3月17日利用開始へ SBIグループのNFTマーケットプレイス

更新日:

SBINFT株式会社は、3月17日に新サービス「SBINFT Market」をリリースします
同社はもともとNFTマーケットプレイスである「nanakusa」を運用していましたが、これをリブランディングした形です。

従来より使いやすくなった状態で、NFTの活用や取引を楽しめます。
SBINFT Marketの詳細をまとめました。
 

要点

・SBINFT Marketがリリースへ
3月17日にSBINFT Marketがリリースされる予定です。その中身を学んでおきましょう。

 

SBIグループがNFT事業を本格展開へ

SBIグループのNFT部門として、SBINFT株式会社がプラットフォームの運用を本格的に始めます。
SBINFT Marketが3月17日にリリースされるからです。
もともとは「nanakusa」というNFT取引プラットフォームでしたが、これが新しく作り替えられました。

今回リリースされるプラットフォームでは、NFTの発行から販売、二次流通まで対応しています。
デジタルアートや写真、音楽、ゲームキャラクターなどがオリジナルトークンとして流通を受けるしくみです。
仮想通貨やクレジットカード決済もできるので、利便性に期待しましょう。

金融大手のSBIグループから新しいNFTマーケットプレイスが生まれることで、大きな需要も予測されます。

口コミでも以下の反響が寄せられました。

 

 

 

SBINFT Marketの利用方法


SBINFT Marketの利用形態は、以下の4つにわかれます。

・発行
・販売
・購入
・二次販売

それぞれの詳細を確かめてみましょう。

発行をするのは公認を受けたアーティストや提携事業者です。
彼らはSBINFT Market内にマイページを作り、そこからNFTを発行できます。
つまり商品の売主として、購入希望者にサービスを提供できるのです。

販売は2つの形式から選べます。
任意価格による通常式と、オークションになります。
通常販売なら仮想通貨かクレジットカードのどちらかより、決済方法を選べます。
この場合仮想通貨として対応しているのは、2022年3月2日時点でイーサリアムとPolygonの2種類です。

SBINFT Marketにアクセスした方は、マーケットプレイスに出ているNFT作品を購入できます。
決済方法は販売者が指定した形に従います。
たとえばイーサリアムでの決済が条件になっていれば、実際にその通貨を持っていないと買えません。

SBINFT Marketは二次販売にも対応しています。
NFTを買った方が独自判断で売ったり、ほかのユーザーから買ったりできる形です。
このようにフリーマーケットのような性質を備えている点も見逃せません。

以上のようにSBINFT Marketは、自由自在に作品を取引できる環境です。

ブロックチェーンによるアート流通を作るスタートバーン株式会社とも提携

SBINFT株式会社は、スタートバーン株式会社との提携を結んでいます。
スタートバーンはブロックチェーンを使ったアート流通インフラを作るIT企業です。
同社が開発した「Startrail」は、アート取引に対応したブロックチェーンインフラであり、SBINFT Marketへの搭載が決まっています。

Startrailのおかげで、世界中からSBINFTへのアクセスが可能です
さらに作品の来歴や規約順守など、健全な運用を進めるための環境が保証されます
ブロックチェーンの専門的な企業の協力により、SBINFTは安心できるNFTプラットフォームを目指しているのです。

まとめ

SBINFT Marketが3月17日にリリースされます
アートや写真、音楽などのオリジナル作品がトークンとなり、取引や流通ができるのです。
これをきっかけに新しいエンターテイメントの楽しみ方が生まれるでしょう。

スタートバーン株式会社との提携にも注目です
同社の協力により、ブロックチェーンを使った健全なアート取引が望めます。
SBIというブランドの力もあるので、新しいマーケットプレイスの活躍に期待しましょう。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2023 All Rights Reserved.