仮想通貨ニュース

【7月28日短期予想】FOMCは0.75%の利上げに落ち着き上昇!ビットコインに織り込まれるのは今晩?!

投稿日:

ビットコインはFOMCが予想通りの0.75%の利上げに留まった事を評価し、

315万円まで値を戻す展開になりました。
想定通りの結果でしたが、マーケットに完全に織り込まれ、

暫くマーケットを動かしていくにはタイムラグがあるため、現在の流れは一過性に終わるかもしれません。
ビットコインの7月28日の概況について解説します。
(この記事は7月28日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値と値動きの予想を紹介しています。)

 

FOMC後に暴騰?!7月27日午前7時からの動き

7月27日午前7時、286万円で推移していたビットコイン、この日は売りが出る事なく、FOMC待ちになります。
FOMC発表前に短期レジスタンスをブレイクして298万円に回復し、28日午前3時にFOMCが0.75%の利上げと伝わると暴騰、午前4時には315万円まで一気に上昇します。
その後午前7時現在は311万円で推移しています。

 

FOMCが織り込まれるのは今晩?!継続性があるか?!

FOMCのアナリストの事前予想では、8割が0.75%利上げで、他は1%の利上げ予想でしたが、結果は0.75%に落ち着きました。
ビットコインはFOMC発表前から1週間程度下げ続けていましたので、過度な不安が後退し買われたようです。
ただ、今回の動きは、NY株に比べて下落が激しかったビットコインの揺り戻しの範囲内で、継続性はまだ不明な段階です。
FOMCの声明や全文が米国で大半を占めるアルゴリズム取引に織り込まれるのは、

発表直後よりタイムラグがあり、今晩のNY時間くらいからになるでしょう。
NYダウ先物が冴えないと、高値掴みになる可能性もあります。

激アツ FOMC・・・https://bitcoin-valley.com/news/btcmarket-340/

 

本日のサポート&レジスタンス

本日のサポートは、殆ど切り上がる事なく、夜間から284万円の位置に留まる程度です。
ナイフ型のチャートの動きをしない限りは、ブレイクはしないでしょう。
レジスタンスは短期レジスタンスはブレイクされたばかりで、中期レジスタンスの318万円が目標になります。
323万円の位置に爆発ポイントがあり、ここをブレイク出来るかに注目です。

 

まとめ

ビットコインはFOMCで予想通りの0.75%の利上げから安心感が出て、暴騰する結果となりました。
ただ、FOMCがアルゴリズム取引に織り込まれるのはタイムラグがあり、継続性はまだ不明な段階です。
高値掴みに注意しながら動向を見守りましょう。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.