仮想通貨ニュース

【7月29日短期予想】ビットコイン米GDP悪化も底堅い展開に?!月末も無難に通過か?!

投稿日:

ビットコインの28日の動きは、米国4-6月期四半期実質国内総生産(GDP、速報値)が予想より悪化したものの、

逆に利上げペース鈍化と受け止められ上昇、底堅い展開となりました。

サポートを切り上げながら上昇する強い展開となり、月末も無難に通過しそうな雰囲気です。

ビットコインの7月29日の概況について解説します。

(この記事は7月29日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値と値動きの予想を紹介しています。)

 

7月28日午前7時からの動き

7月28日午前7時、309万円で推移していたビットコイン、FOMC後の余波が逆転する事なく、底堅い展開となりました。

午前11時に317万円へと上昇、午後9時に4-6月期四半期実質国内総生産(GDP、速報値)が市場予想0.5%のところを、

▲0.9%の結果となり、305万円まで売られるものの、NY時間に回復、

29日午前7時には325万円をかすり、午前7時現在は322万円で推移しています。

FOMC後の余波・・・https://bitcoin-valley.com/news/btcmarket-341/

 

米国GDP悪化!!NY勢は利上げペース鈍化をポジティブに?!

前日の午後9時に、4-6月期四半期実質国内総生産(GDP、速報値)が発表され、結果は前回に続きマイナスとなりました。

この影響を受けて、ドル円は一時一円近く下落し、円安ドル高がかなり一服してきた雰囲気となっています。

経済指標悪化は、今度は9月開催予定のFOMCでの利上げを抑える効果があるとの思惑から、

ドル安が進み、ドル回帰仮想通貨安の動きが一服、ビットコイン高へとつながってきています。

来週は米国失業率の発表があり、再び米国の経済指標に関心が移るでしょう。

月末も無難に消化するかもしれません。

 

本日のサポート&レジスタンス

本日のサポートは、300万円の位置へと短期サポートが切り上がります。

週末にここをブレイクされなければ、強くなる可能性もあるでしょう。

レジスタンスは中期レジスタンスもブレイクし、上昇への道のりが出来ています。

上昇してきたら売る、日本人の悪い癖が出なければ、350万円を少し超えるかもしれません。

ただ、レンジ相場内の可能性もあるため、高値掴みには注意したいところです。

 

まとめ

ビットコインは米GDP悪化が利上げペース鈍化とポジティブに捉えられ、再び320万円台に戻しています。

底堅い展開が続き、月末も無難に超えるかもしれません。

レンジ相場の可能性もあり、高値掴みにならないよう注意しましょう。

ビットコイン谷 人気記事

3分で「本場のカジノ」を味わう方法を知らないままですか?

カジノで遊びたくても飛行機に乗り、

海外に行って遊ぶ以外に選択肢がありませんでした。

 

では、カジノに遊びに行く最も手軽な方法はなんでしょうか?

それは「インターネット」です。

 

最大手オンラインカジノ「Bitcasino.io」では、

自宅からスマートフォン・パソコンで「本場のカジノ」を楽しむ事が出来ます。

臨場感が溢れる「ライブカジノ」で遊ぶもよし、

慣れ親しんだ「スロットゲーム」で遊ぶもよし、

 

日本人スタッフによる24時間日本語サポート完備

入金/出金も"反映まで2分程度"と高速対応!

プレイヤーの手間を極限まで省いてくれています。

まずは「登録」して仮想通貨を狙ってみてはいかがでしょうか?

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.