仮想通貨ニュース

GMOが「CryptoName byGMO」をリリース NFTドメインサービス

投稿日:

GMOインターネットグループの27日プレスリリースによると、NFTドメインの紹介や登録ができる「CryptoNamebyGMO」が提供開始になります。
GMOグループでは、国内トップクラスのドメインサービス「お名前.com」がありますが、今回はNFT版を作りました。
今回の新ビジネスが、国内のNFT市場拡大を助けるでしょうか。

CryptoName byGMOの詳細を解説します。

 

要点

・CryptoName byGMOサービス開始
NFT用の独自ドメインを使えるサービスがスタートしました。

 

CryptoName byGMOとは

CryptoName byGMOとは、NFT対応のドメイン紹介・登録サービスです。
従来のインターネットと似た感覚で、NFTドメインを登録できます。
ホームページやブログのURLに、オリジナルドメインを採用して、独自性をアピールした人もいるでしょう。
今回は仮想通貨やNFTのアドレスなどで自分の好きな文字列を設定できるしくみです。

新ドメインサービス開始にあたり、GMOはUnstoppable Domainsと提携しています。
こちらは米国のNFTドメイン提供会社です。
その業界でノウハウのある企業と組むことで、スムーズなサービス提供を期待できるでしょう。
GMOの新しいドメインサービスが、仮想通貨やNFT業界を助けそうです。

CryptoName byGMOについて、以下の口コミが寄せられました。

 

 

 

NFTドメインの定義

NFTドメインとは、文字列の一種です。
NFTや仮想通貨のアドレスとして、独自の文字列を設定できます
遊び心を加えたり、認識しやすい言葉を設定したりして、自由自在に扱えるのです。

NFTドメインは、WebサイトのURLにも組み込めます
このように複数の目的で使える利便性に期待してください。
独自ドメインによって、仮想通貨やNFT、Webサイトなどを使いやすくできるのがポイントです。

以上の性質を考えても、GMOのNFTドメインサービスは画期的といえます。
 

NFTドメインのメリット

NFTドメインは、アドレスの課題を解決できる可能性があります。
もともとこうしたアドレスは、複雑な文字列が通例でした。
しかし複雑であるために、送金時の入力ミスが起きることがあります。
間違った場所に送ったまま取り戻せないトラブルも想定されるのです。

しかしNFTドメインなら、自分でわかりやすい文字列を設定できます。
アドレス確認も簡単になり、気軽な共有も可能です。
このようにNFTドメインのおかげで、仮想通貨やウォレットなどを扱いやすくできるでしょう。

NFTドメインの採用によって、ほかにもさまざまな可能性を広げられます。
たとえばウォレットアドレスにNFTドメインを与えれば、複雑な文字列の確認が不要です。
このようなひと手間によって、取引をスムーズに進められるかもしれません。

ブロックチェーンサービスでも効果を期待できます。
NFTドメイン対応なら、オリジナルの文字列でアカウント認証が可能です。
Webサイトに採用することで、明快なURLにもなります。
以上からNFTドメインは、有効活用できる場面が多そうです。
 

まとめ

GMOが新サービスとして「CryptoName byGMO」の提供を始めました。
これによりユーザーは、NFTドメインが使えるようになっています。

NFTドメインには、さまざまな利便性があります。
たとえばわかりやすい文字列に設定すれば、仮想通貨やNFTの送金作業がスムーズになるでしょう。
ブロックチェーンを使ったサイトでも、簡単な認証が可能です。

このようなNFTドメインの性質を考えれば、GMOの新サービスには注目が集まるでしょう。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.