仮想通貨の種類・銘柄

プライバシー保護特化のブロックチェーン「Partisia」と公式トークン「MPC」とは?

投稿日:

最近「Partisia」と呼ばれるブロックチェーンが話題です。
公式トークンである「MPC」が、海外の仮想通貨取引所へ次々上場しています。
将来的には日本上陸の可能性もあり、Partisiaとともに話題性を高めるかもしれません。
PartisiaとMPCについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

要点

・プライバシー保護特化のブロックチェーン「Partisia」と仮想通貨「MPC」
海外でMPCが仮想通貨取引所への上場を次々実現しており、Partisiaとともに話題になりました。

 

ブロックチェーン「Partisia」はプライバシー保護を重視

最近話題のブロックチェーンにPartisiaがあります。
こちらはネットワークユーザーに対し、データライバシーの保護を手厚く行うものです。

基本的に仮想通貨はブロックチェーンで、取引履歴をチェックできます。
しかし取引履歴の不正利用によって、個人情報が流出するかもしれません。
以上を警戒し、仮想通貨の入手をためらう人もいます。

しかしPartisiaは、そうした懸念を解決できるでしょう。
マルチパーティ計算という特殊技術を使い、ブロックチェーンのプライバシーを保護するからです。
個人情報の流出の可能性を抑えているので、多くの方が安心して利用できます。
PartisiaおよびMPCには、ユーザーの利益を守るしくみが備わっているのです。

以上からPartisiaは、ユーザーの安心に寄り添います。
Xでは以下の口コミがありました。



 

MPCはPartisiaの報酬用のトークン

MPCはPartisiaの公式トークンとして活躍しています。
Partisiaの開発技術であるマルチパーティ計算が「MPC」と呼ばれており、それが仮想通貨の名前にもなりました。

MPCはあらゆる状態で、データの暗号化が可能です。
徹底的な暗号化によって、情報のセキュリティを強めています。
ユーザーから見れば個人情報の漏洩や、プライバシーの侵害を受けるリスクが少ないでしょう。

トークンとしてのMPCは、Partisiaの報酬として支払われます。
ネットワーク内では運営へ貢献するユーザーに対し、MPCが報酬として与えられるしくみです。
つまりイーサリアムなどのように、ネットワークへの貢献度が高いほど、多くのMPCを手に入れられます。
そのためMPCは、Partisiaの健全な運営に欠かせません。
 

MPCは将来的に日本上陸を果たすか

MPCは将来的に、日本上陸の可能性があります。
最近、多くの仮想通貨取引所で上場が決まっているからです。
たとえば日本時間19日の19時にKuCoinやBitrue、MEXCなどで取引が始まりました。
同日22時30分には、Bitfinexで売買がスタートしています。

以上からMPCの人気の高まりがうかがえるでしょう。
多くの仮想通貨取引所が上場可能と評価しており、高い信頼性が考えられます。
そのため日本の仮想通貨取引所でも、上場に動くところがあるかもしれません。
仮に日本に上陸すれば、国内での需要拡大が見込めるでしょう。

2024年3月21日時点で、MPCはまだ日本の取引所で売買できません。
しかし将来的に国内の取引所で売買開始となれば、話題性が高まるでしょう。
 

まとめ

最近はブロックチェーンのPartisiaと、仮想通貨のMPCが話題です。
Partisiaはユーザーのプライバシー保護を重視しています。
そのため情報漏洩のリスクが少ない状態で、ネットワークに参加できるでしょう。

MPCはPartisiaの公式トークンで、主に報酬の支払いに使われます。
海外では多くの仮想通貨取引所で、取引が始まりました
将来的には、国内の取引所でも買えるようになるかもしれません。
以上からPartisiaとMPCについて、今後の動向が注目されます。

ビットコイン谷 人気記事

3分で「本場のカジノ」を味わう方法を知らないままですか?

カジノで遊びたくても飛行機に乗り、

海外に行って遊ぶ以外に選択肢がありませんでした。

 

では、カジノに遊びに行く最も手軽な方法はなんでしょうか?

それは「インターネット」です。

 

最大手オンラインカジノ「Bitcasino.io」では、

自宅からスマートフォン・パソコンで「本場のカジノ」を楽しむ事が出来ます。

臨場感が溢れる「ライブカジノ」で遊ぶもよし、

慣れ親しんだ「スロットゲーム」で遊ぶもよし、

 

日本人スタッフによる24時間日本語サポート完備

入金/出金も"反映まで2分程度"と高速対応!

プレイヤーの手間を極限まで省いてくれています。

まずは「登録」して仮想通貨を狙ってみてはいかがでしょうか?

-仮想通貨の種類・銘柄
-,

Copyright© ビットコイン谷 , 2024 All Rights Reserved.