仮想通貨の種類・銘柄

日本円ステーブルコイン「GYEN」などがソラナブロックチェーン上で提供開始

投稿日:

GMOインターネットグループの23日のプレスリリースによると、米国法人であるGMO-Z.com Trust Company, Inc(以下GMO Trust)が同日より、GYENZUSDソラナネットワーク上での提供を始めました。
GYENは日本円、ZUSDは米ドルとそれぞれ価値が連動するステーブルコインです。
ソラナネットワーク上での提供で、取引の円滑化や利便性の向上を見込めます。
GYENとZUSD関連の新サービスについて、詳しく見ていきましょう。

要点

・2種類のステーブルコインがソラナネットワーク上で提供開始
ソラナネットワーク上でステーブルコインのGYENとZUSDの提供が始まりました。

 

ソラナネットワーク上で2種類のステーブルコインの提供が始まる

1月23日からソラナネットワーク上で、ステーブルコインのGYENZUSDの提供が始まりました。
どちらも米銀行法規制を遵守のうえ、流通しています。
GYENとZUSDは、2024年1月24日時点で日本国外でしか流通しておらず、国内取引所では買えません。
しかしGYENは日本円と価値が連動するため、将来的には国内取引所への上場の可能性もあります。

GYENはソラナネットワーク初の日本円ステーブルコインです。
一方ZUSDは、同ネットワーク初の米ドルステーブルコインとして流通します。
ステーブルコインは基本的に、従来の仮想通貨より相場が安定しやすいといえます。
ソラナネットワーク上での提供により、需要拡大を見込めるでしょう。
GYENやZUSDの動向は、今後のステーブルコイン発展のきっかけになりそうです。

X(旧Twitter)では、以下の口コミがありました。



 

ステーブルコインのGYENとZUSDとは?

GYENとZUSDは、ともにステーブルコインです。
GYENは日本円に価値が裏づけられています。
ステーブルコインとして初めて、米国の各種規制を遵守した日本円ペッグ通貨です。
GMOグループの米国法人であるGMO Trustにより発行されています。

ZUSDは、米銀行法規制に従って発行される米ドルペッグ通貨です。
こちらもGMO Trustにより開発や発行を受けています。
GYENとZUSDは、GMO Trustが発行や換金を引き受ける形です。
そのためセキュリティや透明性の向上、手数料の抑制などができます。
GYENとZUSDは、GMOグループが開発したステーブルコインなので、信頼性が高いでしょう。
 

ブロックチェーンとしてのソラナのメリット

ソラナは近年、仮想通貨としても話題ですが、ブロックチェーンとしてもクオリティが高いといえます。
なかでも注目されているのが、処理速度の速さです。
ソラナは1秒3000~5000件のトランザクション処理ができます。
ビットコインは1秒につき6件、イーサリアムは15件とされるので、処理速度においてソラナはトップクラスです。

さらにソラナは、他ブロックチェーンとの連携も取れます。
イーサリアムのような他のブロックチェーンと結びつき、直接的な通貨交換が可能です。
そのためGYENやZUSDも、幅広い対象と取引できるでしょう。
以上からソラナは、ブロックチェーンとしてのクオリティが高く、ステーブルコインの取引でも活躍しそうです。
 

まとめ

ソラナブロックチェーン上で、GYENZUSDの提供が始まりました。
どちらもGMO Trust開発のステーブルコインなので、信頼性が高いといえます。
ソラナブロックチェーン上での提供により、高速取引も期待できるでしょう。
以上からGYENとZUSDは、米国を中心に需要拡大の可能性があります。
ソラナブロックチェーンを味方につけ、ステーブルコイン市場を盛り上げるでしょう。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨の種類・銘柄
-, ,

Copyright© ビットコイン谷 , 2024 All Rights Reserved.