仮想通貨の種類・銘柄

米リップル社がXRPのETF上場へ? 関連求人情報を公開

投稿日:

米リップル社公式サイトで、ETF関連の求人を出しました。
以上から、XRP関連のETFの上場準備へ入った可能性があります。
仮にXRP関連のETFが上場すれば、仮想通貨市場を盛り上げるでしょう。
リップル社の新しい動向について解説します。

要点

・リップル社がETFの準備に入ったか
リップル社は新しい求人で、ETF関連業務の存在を提示しました。XRPのETFの上場準備を始めた可能性があります。

 

リップル社がETF関連の求人を出す

リップル社が新しい求人で、ETF関連業務の存在を明かしました。
新しい求人で募集しているのは、機関投資家向けDeFiの事業開発部シニアマネージャーです。
しかし求人には、以下の文言もありました。

訳:内部取引チームと関連パートナーとの協力による仮想通貨関連ETFの議案の取り扱い

つまり関連組織と提携しながら、仮想通貨関連ETFのプロジェクトを取りまとめる形です。

2024年1月30日時点では、リップル社によるETFへの言及は限定的でした。
今後の具体的な展開は不明ですが、ETFへの関心がうかがえます。
今回の求人ではRWA(現実世界資産)のトークン化や、機関投資家向けビジネス開発など、多岐にわたる分野での業務が提示されました。
以上からETF関連業務への専念は考えられないでしょう。

しかし今回の求人で、リップル社のETFへの関心がわかりました。
今後の動向次第では、ETF上場へ本格的に動き出すでしょう。
X(旧Twitter)ではXRPのETFについて、以下の口コミがあります。



 

ビットコインETFやイーサリアムETFに続けるか

仮想通貨関連ETFは、近年の金融業界で注目を集めています。
ビットコインETFが米国で複数承認されているほか、イーサリアムETFの承認も時間の問題です。
以上の流れから、XRPのETFも将来的に上場するでしょう。

XRPも仮想通貨としては、上位クラスの時価を誇ります。
ビットコインやイーサリアムに次ぐ人気があるため、将来的に派生商品の機運が高まりそうです。

XRPは新しい経済活動のあり方を目指し、開発されました。
たとえばリップル社はXRPを使い、国際送金ネットワークを開発し、グローバルに展開しています。
以上からXRPの認知度も、仮想通貨として上位クラスです。
ビットコインやイーサリアムに次いで、XRPのETFの誕生も期待できます。
 

仮想通貨XRP市場への刺激になるか

仮にXRPのETFが上場すれば、仮想通貨市場への刺激になるでしょう。
ビットコインETFが話題になったときは、仮想通貨市場が盛り上がりました。
ビットコインの価格上昇をはじめ、さまざまな好影響が起きています。
つまり仮想通貨ETFは、本来の仮想通貨市場に影響を与えやすいのです。

XRPのETFが上場すれば、XRP市場での価格高騰が起きるでしょう。
ETFの話題で、仮想通貨への投資家の関心が高まるからです。
リップル社は国際送金ネットワークの確立や、世界中の金融機関との提携などで、知名度を高めています。
XRPのETFを開発すれば、リップル社の新しい実績として、世界的に注目されるでしょう。
以上から仮想通貨のXRPの需要拡大につながりそうです。
 

まとめ

リップル社新しい求人に、ETF関連業務が提示されました。
ビットコインやイーサリアムだけでなく、XRPのETFも将来的に上場するかもしれません。
今回の求人でリップル社は、ETFビジネスへ着手した可能性があります。
仮に上場が決まれば、投資家の関心を集め、XRPの価値が上がるでしょう
リップル社が、本格的にETF市場へ参入するのでしょうか。
仮に参入が決まれば、リップラーを喜ばせそうです。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨の種類・銘柄
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2024 All Rights Reserved.