仮想通貨取引所

仮想通貨取引所FTXが破産申請 世界的な影響

投稿日:

仮想通貨取引所のFTXが、11日に破産申請を発表しました。
米連邦破産法11条に基づいた手続きです。

 

 

今回の破産申請では、親会社のアラメダリサーチや、取引所のFTX Japan、FTX USなど約130社が含まれます。
そのため世界的に影響が及ぶ状況です。

FTXの破産について、詳細を見ていきましょう。

 

要点

・FTXが破産申請
世界的な仮想通貨取引所であるFTXが、11日に破産申請を出しました。各方面への影響を含めて解説します。

 

FTX破産について

FTXは11日に破産申請を明かしました。
今回の破産申請では、FTXグループの約130社が対象になります。
日本でもFTX Japanが破産申請対象です。

今回の件で、FTXではCEOが交代しました。
サム・バンクマン=フリード氏は退任になり、ジョン・J・レイⅢ氏が同職につき、残務処理を進める見通しです。
レイ氏は米エネルギー企業であるエンロンの破産監督の実績があるため、今回の対応にふさわしいと見られています。

しかし仮想通貨取引所の破産は各方面への影響が想定されるため、問題解決までは長期戦になりそうです。
いずれにしてもFTXは、このまま仮想通貨業界の最前線から退くでしょう。

FTXの破産について、Twitterでは以下の口コミが挙がりました。

 

 

 

FTX破産のきっかけは?

FTX破産は、アラメダリサーチの財務問題がきっかけです。
そこで明らかになったバランスシートでは、保有資産の大部分がFTXトークン(FTT)と、同種のレバレッジポジション担保分でした。
非主流の仮想通貨が資産の大部分を占めているとして、一部メディアで財務的リスクが指摘されていたのです。

これを受けてBINANCEが保有中のFTXトークンの全売却を宣言するなど、混乱が広まってしまいました。

一方で一部メディアでは、世界的取引所のBINANCEがFTXを買収する可能性が報じています。
しかし10日にBINANCEは買収しないことを発表しました

アラメダリサーチの破産申請書類では、10万超の債権者100億ドル(約1兆3880億円)~500億ドル(約6兆9400億円)の負債が記録されています。
資産も100億ドル~500億ドルとされているが、流動性が低いタイプを含んでいるため、負債のカバーは限定的になりそうです。

このような悪条件が積み重なり、FTXは経営困難に見舞われたのでしょう。
 

FTX破産の世界的影響

今回のFTX破産は、世界的な影響をもたらしています。
FTX Japanも10日、関東財務局から業務停止命令を受けました。
2022年11月10日~12月9日の交換業務停止要請です。
さらにユーザーの入金受け入れも停止を命じられました。

欧米でも重要機関による、FTX破産騒動の注視があります。
たとえば金融安定理事会(FSB)の欧州協議会は10日の会合で、仮想通貨規制促進やリスク対策政策などを議論しました。
これがFTXを意識したものとされます。

THE BLOCKホワイトハウスのFTX注視を報じています。
このように世界的な影響は明白です。

有名な仮想通貨企業の倒産により、世界的な混乱がまだ続くでしょう。
 

まとめ

FTXは世界的に影響のある仮想通貨取引所なので、今回の破産申請に衝撃を受けた方も多いでしょう。
最近は日本進出も話題になったばかりですが、急転直下の転落劇になりました。
財務状況の危機や、BINANCEの買収断念などネガティブな要素が積み重なり、債務履行が困難になったと思われます。

仮想通貨取引所の経営破綻については、各国の重要機関が注視しており、余波はしばらく続きそうです。
経営破綻の真相は、どこまでわかるのでしょうか。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨取引所
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.