仮想通貨取引所

レンディングサービスは確実に儲かる?仮想通貨で利益を出す方法第2弾

投稿日:

最近、仮想通貨のレンディングが流行っていることをご存じでしょうか。

仮想通貨のレンディングとは、個人投資家が仮想通貨取引所に仮想通貨を貸し出しすることで、その貸出量に応じた利息を受け取ることができるサービスです。

レンディング中は仮想通貨自体の価値は変動するものの、仮想通貨の枚数が変動することはありませんので、長期保有をしているユーザーならば利用した方がお得なサービスと言えるでしょう。

今回はそんなレンディングサービスの内容やおすすめのレンディング先取引所について紹介させて頂きます。

 

仮想通貨のレンディングとは

仮想通貨のレンディングとは、自身が保有している仮想通貨を取引所などに貸し出しすることで、その貸出量に応じた利息を得られるサービスです。

例えば、年利5%のレンディングサービスで1BTCを預け入れると、1年後には0.05BTCを上乗せされた1.05BTCで手元に返却されます。

取引所側は、ユーザーから貸し出しされた仮想通貨を自社で運用したり、他のユーザーへ利息を高めて貸し出しする為、お互いにwin-winの関係になれるでしょう。

レンディングはビットコイン自体の価格の変動はあっても、貸し出ししたビットコインの量が減少することはありませんので、手堅く仮想通貨の枚数を増やしたい方にとって非常におすすめのサービスと言われています。

特に、長期保有(いわゆるガチホ)をしている方はほとんどデメリットを受けることなくメリットのみを享受できる為、是非今回の記事を見て始めるきっかけにしてください。

仮想通貨レンディングのメリット

取引所を見極めれば安全に通貨を増やすことができる

仮想通貨レンディングのメリットは何といっても、安全に通貨を増やせることです。

基本的に、投資の大半はマイナスになるリスクが伴います。

しかし、仮想通貨レンディングの場合、通貨の枚数はマイナスになることはありませんので、ほぼノーリスクで通貨を増やせるのです。

似たようなサービスとしてソーシャルレンディングが挙げられますが、ソーシャルレンディングは貸し倒れ率が高い一方で、仮想通貨レンディングの場合は取引所さえしっかりと見極めれば貸し倒れが発生することはほぼないでしょう。

比較的利率が高い

仮想通貨レンディングは、比較的に利率が高いことで有名です。

高いところで5%程度の利率を誇る為、銀行の利息などと比べると圧倒的にアドバンテージが高いです。

株の配当も2%前後が一般的と言われているので、5%がどれほどお得なのか一目瞭然でしょう。

もちろん、株でも5%を超える配当を出している企業はありますが、株の配当の高さは業績の不安定さを表していたりする為、やはりほぼノーリスクで5%の利率を誇るレンディングサービスは非常に魅力的に思えます。

スキルや知識が必要ない

レンディングサービスは、トレードのようにニュースやチャートを分析して頭脳を使う必要がありません。

また、どんな人でも一律同じの利率を得ることができます。

その為、今日仮想通貨を始めたばかりの初心者や、トレードで一回も買ったことがない素人でも平等にリターンを得ることが可能です。

 

仮想通貨レンディングのデメリット

価格の変動が発生する

レンディング中に仮想通貨の価格が暴落すると、貸した時よりも時価総額が減った状態で通貨が戻ってくるリスクがあります。

これは仮想通貨のシステム上、どうしようもありません。

ただ、貸し出した仮想通貨の枚数自体が減ることはありませんので、長期保有をする予定の人にとっては特に気にする必要もないデメリットでしょう。

途中解約で違約金が発生することがある

仮想通貨レンディングは、基本的に1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年単位で貸し出しできるようになっています。

もし1年契約で貸し出しをしてしまうと、その間は貸し出ししている分の仮想通貨を触ることができません。

どうしても返してほしいという場合は、途中解約で返却してもらえる取引所もあるようですが、大抵の場合は手数料として貸出量の数パーセント程度を徴収されてしまいます。

この場合、利息も付かない為、トータルで見るとマイナスになってしまうことがあるでしょう。

じゃあ1ヶ月単位で貸せばいいのでは?と思うかもしれませんが、レンディング期間が長いほど利率が上がる仕組みになっているので、理由がない限りは1年契約をするのが最もお得なのです。

その為、自分が使うかもしれない懸念と利率を天秤にかけて、慎重にレンディング期間を定めなければいけません。

取引所破綻のリスクが伴う

貸し出し先の取引所が破綻してしまうと、貸していた仮想通貨が返ってこない可能性があります。

これはレンディングサービスで最も警戒するべきリスクであり、何としてでも避けなければいけません。

とは言え、日本国内の大手取引所であれば、余程のことがない限り破綻することはないので、しっかりと取引所を厳選することによって、このリスクは最小限にまで抑えられるでしょう。

例えば、GMOコインであれば、親会社が東証1部に上場している大企業である為、破綻のリスクはほぼ回避できます。

 

仮想通貨レンディングができるオススメの取引所

仮想通貨レンディングのメリットデメリットについてお伝えしましたが、ここからはレンディングを始める上でオススメの取引所を紹介させて頂きます。

全て国内の取引所ですので、是非参考にしてみてください。

GMOコイン

仮想通貨レンディングを実施している取引所の中で最もおすすめなのはGMOコインです。

GMOコインは、レンディングサービスの中でも最高基準の年利5%(最大期間時)を誇る為、他の取引所と比べてお得に増やすことができます。

対象コインも8種類(ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン 、XRP、ネム、ステラルーメン、BAT)と豊富なのも嬉しいですね。

また、GMOコイン東証1部に上場しているGMOグループの子会社でもあるので、取引所の破綻リスクも最も低いと考えられています。

更にGMOグループはインターネット業界でも屈指の大企業なことから、セキュリティ面もかなり信頼できるでしょう。

このように、非の打ちどころが全くない為、どこを利用しようか迷っているのであれば、GMOコインでレンディングを始めることをおすすめします。

ただ、あまりにも人気な影響で、一時受付を停止している場合もあるようです。

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

Bitbank

Bitbankも仮想通貨レンディングを実施しているようです。

Bitbankはレンディング率が低いものの、GMOの次に信用ができる取引所だと言われています。

尚、受け付けているのはビットコインのみとなっており、GMOコインと比べるとやや物足りない感じがするかもしれません。

その代わり、毎月募集が行われている為、受け付けが停止していることはほぼないでしょう。

また、今後はビットコイン以外の仮想通貨にも対応していくと発表しているので、利便性の向上は期待できます。

Bitbankの登録はこちら

まとめ

仮想通貨で利益を出す方法第2弾として、仮想通貨のレンディングについて解説をさせて頂きました。

仮想通貨のレンディングは、長期ホルダーにとってはメリットばかりを享受できる非常におすすめのサービスとなっています。

特にトレードをする予定がないのであれば、絶対に利用した方が良いと言えるでしょう。

ほぼノーリスクで年利5%程度を出せるサービスは他を探してもなかなかありませんので、興味のある方は是非お試しください。

この記事がオススメ

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨取引所
-, ,

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.