仮想通貨ニュース

【5月12日概況】ビットコインは戻りの鈍い展開!セル・イン・メイに注意?!

投稿日:

ビットコインは前日の急落の後、方向感の無い動きで24時間が経過しています。
短時間で下落した後、短時間で戻すのが強い相場の動きですが、6万ドルで何回も弾かれて、

投資家に失望と疲労感が見られるようです。
状態がよく無い中、5月の中旬から6月にかけては、セル・イン・メイが意識されるかもしれません。
ビットコインの5月12日の概況について解説します。
(この記事は5月12日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値を紹介しています。)

 

5月11日午前7時からの動き

5月11日午前7時の段階で611万円程度で推移していたビットコインでしたが、

前日強かった東京時間は鳴りを潜めます。
午前9時には615万円まで上昇するも、正午には596万円まで下落します。
その後は横ばいでしたが、夜間の短期・中期サポート発生後に少し強さを戻し、

12日午前5時には619万円まで上昇、ただし切り下がって来た短期レジスタンスはブレイク出来ません。
その後は614万円の前日と変わらない水準で推移しています。

 

日経平均が下落、セル・イン・メイに注意

5月11日は日経平均株価が場中1000円を超す下落を見せました。
ここ数年、大規模な金融緩和が行われ、投資家はリスクに鈍感になっていますが、

セル・イン・メイという相場の格言を少し思い出されたようです。
セル・イン・メイは株の格言ですが、米国の税金還付の時期が要因(今年はコロナで6月ごろまで)であるとされているため、昨年上昇した仮想通貨にも当てはまりそうです。
5月から6月、場合によっては夏にかけて還付資金が無くなり需給が悪化、相場が不安定になる、2021年は前半より後半が難しい相場になる可能性があります。

 

今日のサポート&レジスタンス

今日の短期のサポート、レジスタンス共にブレイクしやすい位置にあります。
サポートは正午には595万円の位置に上がって来て、深夜からは更に上がる予定です。
レジスタンスは短期レジスタンスが620万円の位置に降りて来ていますので、

午前中にもブレイクできそうです。
もし、短期レジスタンスをブレイク出来ずに、下落していくと危険な兆候になります。
日本時間の立ち上がりに注目です。

 

まとめ

ビットコインは戻りの鈍い展開に終始しています。
日経平均株価が下落しており

5月から6月にかけてセル・イン・メイに注意する時期に来ているかもしれません。
本日は日本時間の立ち上がりに注目です。

 

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.