仮想通貨ニュース

FOMO発動により「2、3日で200万円」!?トム・リー氏が衝撃発言!

投稿日:

「1万ドル越えたらFOMOが起きる」で話題になっているファンドストラッド社代表、トム・リー氏ですが、Twitter上で新たに発言しました。

同氏によると、あと2,3日FOMOが起きたらビットコインは200万円に到達するとのことです。

要点

・FOMO(fear of missing out)とは
FOMOは日本語で「取り残される恐れ」という意味です。価格が急上昇し、投資家の買いが殺到する相場を意味します。

FOMOがあと2,3日起きればビットコインは200万円へ!?

リー氏は先日「ビットコインが1万ドル(およそ110万円)を超えればFOMOが起き、数カ月以内に400万円に到達する」と衝撃的な発言をし、話題になっています。

FOMO発動!ビットコインが100万円(1万ドル)を突破すれば5カ月以内に400万円へムーン!?

本日になり、リー氏はさらに「あとFOMOが2,3日続けば、ビットコインは過去最高値(およそ200万円)に到達すると衝撃的なツイートをしています。

新しい2019年の高値で一歩下がって、それらの古い高値はあと2,3個のFOMOで到達するように見えませんか?

暗号の冬は終わった...

もちろん、必ずしもリー氏の指摘するようにFOMOが発動するかわかりませんが、週末からはボラティリティー(変動率)も高まり堅調な推移を続けているので、引き続き価格動向は注目となるでしょう。

 

200日移動平均線の突破と110万円の壁

リー氏は以前から200日移動平均線の突破を重視しており、今回も再度200日移動平均線の突破から値動きが変わったと述べています。

ビットコインドル 日足

リー氏が指摘するように、200日移動平均線を突破するのは基本的に中長期的な強気トレンドを示唆しており、投資家の間ではトレンドを計る際の基本として知られているテクニカルです。

その200日移動平均線を突破した(チャート赤丸部分)ことは大きな意味があったでしょう。

また、本日もお伝えしていますが、中長期的には「110万円」というのが非常に重要なレジスタンスとして位置しています。

【6/17】今週の仮想通貨市場はどうなる?ビットコイン「110万円」の攻防が最注目か!

FOMOが起きるかはわかりませんが、ビットコインが1万ドルを突破すればチャート上のレジスタンスは120万円まであまりないので、今後の値動きは注目となりそうです。

 

まとめ

リー氏は本日、FOMOがあと2,3日すればビットコインが過去最高値に到達すると発言。

先日、1万ドルを超えたらFOMOが起きると発言し話題になりましたが、今回はさらに強気の見解を述べました。

もちろん、実際にそのような値動きになるかわかりませんが、市場の堅調な値動きが続いているので、引き続き価格動向は注目となりそうです。

 

 

 

 

この記事がオススメ

現在、国内最大手のブックメーカーSportsbet.ioでは、

Sportsbet.ioに新規登録から一週間以内の方限定で、

登録から"7日経過するまで"に4連勝すれば、

「5000円分」のフリーベットが贈呈されるキャンペーン実施中!

 

ブックメーカーとは、

サッカーや野球などの結果に対して予想するサービスで、

欧米では絶大な人気を誇っています。

 

今回のキャンペーンに続き、

定期的に熱いキャンペーンが実施されている為、

スポーツ観戦が好きな人だけではなく、

予想に自信がある方は特技を生かす
「チャンス」です。

 

自分の知識、センス、分析力を発揮すれば

大きな「チャンス」を掴み続けられるかもしれません!

 

今回の機会を、「逃さないように」ご注意ください。

 

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.