山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

ビットコインが一時100万円割れ!原因と今後の注目ポイントを徹底考察!

投稿日:

2月1日から2日の未明にかけ、ビットコインが一時100万円を割れる展開となりました。

仮想通貨の大手取引所「ビットフライヤー」によりますと、1日の取り引きで幅広い種類の仮想通貨に売り注文が広がり、代表格のビットコインは一時、1ビットコイン当たり100万円を下回りました。
ビットコインは去年1年間でおよそ20倍に値上がりし、去年12月に220万円という最高値をつけました。
このため投機の過熱を指摘する声が高まっていましたが、このところ価格の下落が続き、半分以下に落ち込んだことになります。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180201/k10011312271000.html

では、価格下落の原因はなんだったのでしょうか?今回はいくつか考えられる原因を紹介し、考察していきたいと思います。

 

アルトコイン「テザー」が原因?その理由とは

時価総額が20位前後で推移している「テザー」が原因との指摘もあります。

Tetherテザー)は、法定通貨と連動した価値を持つ仮想通貨(暗号通貨)です。

Tetherは「USDT」と表記されますが、1USDT=1USD(米ドル)になります。アメリカドル以外にも世界中の法定通貨に対応しています。

仮想通貨はドルのように「世界で共通の基軸となる通貨」がまだないために、テザーは「仮想通貨の基軸通貨となる」ことで注目を集めています。

今回の要因として、「仮想通貨の基軸的価値になるテザーも実はでたらめに決めていたんではないか?」という噂が広まりました。

これがネガティブニュースとなり、下落を誘発したという報道ですね。

 

仮想通貨規制が暴落の原因にも

また、日本でよく目立った報道としては規制の思惑から下落したというニュースです。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018020101002164.html

これが原因となった可能性もあるでしょう。

規制という面では、最近起きたNEMハッキング事件の影響で仮想通貨市場にネガティブな雰囲気があるのは確かです。

【随時更新】コインチェックがハッキング確定。NEMが580億円の不正送金。

また、G20で仮想通貨の規制について話し合われることも大きな注目となっています。

G20で仮想通貨の規制について

ドイツ連邦銀行(中央銀行)のヨアヒム・ビュルメリング理事は15日、ビットコインなどの仮想通貨の規制について、

国ごとの規制は国境のない仮想社会では実施が難しいため世界規模で行うべきとの考えを示した。

1国だけでなく複数国で、規制に関する話し合いEUや日本も参加する首脳会議G20など、一つの国だけではない複数国での仮想通貨規制の話し合いが行われる予定。

 

今後は規制に関するニュースに注目。実はウォール街が仕掛け人だった?

どちらにせよ、100万円を割ったのは、2018年に入り継続的に下落が続いていたからです。

それは各国で規制に関するニュースが出始めたことと無関係ではないでしょう。

そんな中、こんなニュースもあります。

https://jp.cointelegraph.com/news/south-korea-finance-minister-confirms-no-ban-on-cryptocurrency

反対にいえば、規制に関するポジティブなニュースがあれば価格が上昇する可能性もあるということです。今後は、規制関連のニュースをチェックしながらどこまで価格が下がるのかを見極めたいですね。

余談ですがこんな意見もあります。

T.KamadaさんはNY在住で、株のトレードを長年やられているTwitterで人気のアカウントです。昨日の下げもNY市場があけたころ(日本時間でいえば深夜)に起きました。先物取引でCMEでは機関投資家という大口のマネーが仕掛けて的に売っていることも噂されているので、取引されている方は気にしてみるといいでしょう。

ビットコイン先物が上場したことにより仮想通貨市場はどうなるのか

 

DMM Bitcoinなら下落局面でも!セキュリティー面でも安心して取引を

coincheckが使えなくなった今、現在の取引所有力候補はDMM Bitcoinです。

1月からサービスが開始されたDMM Bitcoinですが、取り扱い通貨も多く、スプレッドも狭いのが特徴です。

また、ビットコインだけではなくRippleやNEMなどもレバレッジを効かせた取引が可能です。

レバレッジ取引をつかえば、下落場面でも収益をあげることが可能です。

さらに、coincheckの騒動をうけ、セキュリティー面の強化も発表されています。

今後は口座開設が殺到することも考えられるので、気になる方はお早めにお申し込みください。

 

 

DMM Bitcoin公式サイト

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

-仮想通貨ニュース

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.