山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

ビットコインETFは必ず承認される!?CBOEトップがブルームバーグのインタビューに応じる

投稿日:

ここ数日、トルコリラの暴落から仮想通貨市場も大幅に下落し、金融市場が荒れていますが15日は落ち着きを取り戻しています。

そんな中、CBOE(シカゴオプション取引所)トップ、クリス・コキャノン氏がブルームバーグのインタビューでビットコインETFについてコメントしました。

要点

・ビットコインETFの承認

多くの専門家はビットコインETFが承認されるのを確実視しています。

しかし、時期に関して不明で、有力視されているのは2019年初頭という説です。

ビットコインETFはいずれ承認される

ビットコインETFはCBOEが目指す最終段階に直面している

コキャノン氏はインタビューの中で、SECが要求する条件を着実にクリアできるよう調整している段階で、いずれETFは承認されるとの見解を明らかにしました。

CBOEのトップが直々にコメントしているので、時期はわかりませんが、着実に上場へ進展はしているということでしょう。

さらにETFが登場していくことにより資金が流入し、市場が成熟していくとも発言しています。

ただ、流動性の問題はテストされていないと言及。

着実に進展はみられものの、すぐに上場されるという確信には至っていないような発言でした。

 

焦点は「いつ」上場されるか

期待感の大きいETFですが、このように焦点はすでに「いつ」上場されるかに移行しています。

そして、多くの専門家はすぐにではありませんが、2019年内には上場されるとの見解を示しています

例えば、1年前を考えてみても、仮想通貨市場には先物さえ登場していませんでした。

しかし、この1年でビットコインの先物が上場され、機関投資家向けのサービスも増加。

そして、今月にはBakktの設立が発表されました。

それを考えると、仮想通貨市場は、徐々に成熟の段階に入ってきているのは確かでしょう。

規制の問題や機関投資家向けのカストディ(資産保管サービス)も整ってくれば、いよいよETFが上場され外部環境は劇的に良くなります。

多くの専門家は、これらの理由でビットコインETFが上場されるのを確実視しています。

ビットコインETFが延期されても相場が上昇する3つの理由!専門家の見解まとめ

 

9月末までのETF承認

延期されたのは、CBOEに上場される2社のビットコインETFですが、SECは他の申請を9月末までに7つ行います。

直近ではあまり話題になっていませんが、そちらの承認も要注目でしょう。

例え、否決されたとしても、SECが否決した理由で、CBOEの申請も予測することができるので、否決理由にも注目です。

 

まとめ

引き続き、ビットコインETF関連の報道は注目となりそうです。

また、それと併せてBakktの動向も注目でしょう。

2019年は先が長いように思えますが、関係者の発言で期待感が高まれば、価格が上昇する可能性も十分にあります。

仮想通貨市場の価格は下落していますが、大きな上昇要因として期待したいですね。

 

下半期大注目のBITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.