山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

最後の希望絶つ・・・BitwiseビットコインETFをSECが拒否へ!

投稿日:

SEC(米証券取引委員会)は10日、ビットワイズが申請していたびETFを拒否したことを発表。

これで、ビットコインETFが全て拒否された形となりました。

要点

・最後の希望絶たれる
ビットコインETFはこれまで、有力候補にVanEck社と今回のビットワイズ社のものが。VanEck社のものはすでに拒否されているためビットコインETFは全て拒否されたこととなりました。

 ビットワイズの申請していたETFが拒否へ

SECは10日、上記の文書で公式にビットワイズが申請していたビットコインETFを拒否したことを発表。

これで申請されていたビットコインETFが全て拒否された形となり、早くても認可は来年ということになりました。

直近ではSECクリントン委員長がETFに関し前向きな発言をしていましたが、今回はそれに反して残念な結果に。

ビットコインETFが近い将来承認!?SEC委員長「進展はある」!

先日のリブラからPayPalが脱退した件もそうですが、現段階でETFが実現するには、規制上難しいことを改めて認識したこととなりました。

来年もビットワイズのらの企業は申請する可能性がありますが、SECの指摘する「価格操作の懸念」から現在のビットコイン市場(時価総額16兆円)を考えると、なかなか厳しいかもしれません。

 

拒否発表も市場は逆行高

既報の通り、SECの発表があったにも関わらず、10日の仮想通貨市場は逆行高の展開に。

【速報10/10】ビットコイン5万円上昇!200日移動平均線へトライ!

これを踏まえると、ビットコインETF拒否は、市場が材料視していなかったか、すでに織り込んでいたということがわかります。

織り込みに関しては、専門家からもETF早期実現は難しいとの指摘が多く出ていました。

それらを考慮すると、今回のSECの判断は事前にわかっていたともいうことができるでしょう。

VanEck版ビットコインETFの可否判断延期!相場への影響は限定的か!?

今回の発表で注意したいのは、これまでと違い延期ではない、ということ。

専門家の意見も考慮すると、ビットコインETF実現にはまだまだ時間がかかりそうなので、数年といった長期のスパンで動向を追うしかないかもしれません。

 

まとめ

SEC(米証券取引委員会)は10日、ビットコインETFを申請していたビットワイズを拒否したことを公式に発表。

その結果、現在申請されていたビットコインETFは全て拒否された形となりました。

しかし、専門家や投資家の間では当面先になるというのがコンセンサスに。

そのため、今のところ市場への影響も限定的であるため、ビットコインETF動向は長期的なスパンでみていく他ないのかもしれません。

 

この記事がオススメ

最大手ブックメーカー「Sportsbet.io」を知らないと損するかもしれません。

ブックメーカーとは、サッカーや野球・バスケ・テニス・ゴルフなどのスポーツなどの結果に対して賭けることのできるサービスで、欧米では絶大な人気を誇っています。

 

Sportsbet.ioは国内で遊ぶ上での問題点を全てクリアしており、日本語サポートも完備!

安心、健全、安全に世界で流行っている"大人の遊び"を日本でも楽しめるようになりました。

 

Sportsbet.ioの特筆すべき点は、自分が賭ける試合の「オッズを好きなタイミングで上げられる」事です。

 

今来ている波に乗り遅れないようにご注意ください。

(アプリ版も既に用意されている為、スマートフォン完全対応です)

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.