仮想通貨ニュース

ビットコイン価格24時間で9%上昇!18,000ドルで2万ドルへ王手!

投稿日:

要点

・ビットコインの価格上昇によって時価総額は史上最高額になりました。
・先月の価格と比べ、約50%上昇しています。

2万ドルへ王手のビットコイン


※画像引用元:CoinMarketCap 


11月18日15時時点でのCoinMarketCapを見てみると、11月18日15時時点で17,601ドル、1,830,523.87円、時価総額は326,444,720,554ドル、33,949,924,492,875円前後で推移しています。
価値が17,000ドルを超えて急上昇してから1日も経たないうちに、ビットコインは2017年12月以来初めて18,000ドルに達しました。

今回のビットコイン価格の値上り値上げにともない、時価総額の新記録も樹立しており、現在は3,264億円を超えています。
24時間で、ビットコインの価格はなんと9%も上昇しており驚異の値動きになっています。

Nexoの共同創設者であるアンソニー・トレンチェフ(Antoni Trenchev)氏は

最近のいくつかの出来事が間違いなく影響を及ぼしている。(現在の急騰は)マイクロストレージ(MicroStrategy)社やスクエア(Square)社などによる機関投資、PayPal(ペイパル)が積極的に仮想通貨の取扱い、5月にはビットコインが半減するなどが(要因)です。



 


(※日本語訳:
Bitcoinの永遠の価値を求めて、沈むフィアットの沼から脱出し、ボンドの砂漠を渡り、株の森をさまよい、不動産の山を登り、ゴールドのミラージュを通過した後、最終的にサイバースペースに登り、銀行内の避難所を見つけました。)


マイケル・セイラー(Michael Saylor)氏率いるマイクロストラテジー社は、1BTC=11,000ドル前後で推移していた8月初旬に最初のビットコイン投資をおこなっています。
また、10月初旬にはジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏が設立したSquares社が、4,709BTC(※当時は約52億円相当)を購入しましたが、価格は11,000ドルをわずかに下回った価格で購入しています。

2020年7月26日付ビットコイン谷の「PayPal(ペイパル)がPaxos Crypto Brokerageと提携して暗号化サービスを開始か」で特集したように、10月21日に、Squareの代替としてPayPalが争いに加わり、ユーザーがアプリでビットコインを購入できるようになると発表しています。
その時点での価格は12,000ドルでした。

しかし、トレンチェフ氏は、今回のビットコインの値上りが単に最近の出来事の結果ではなく、堅実な長期的ファンダメンタルズの結果であると考えています。

ビットコインの成功は一時的なものではないことを指摘する価値があります。1年以上ビットコインを保有している投資家の数を明らかにする1年間のホールドの波は、史上最高です。

分散型取引所Tokenlonの成長責任者であるルーカス・ファン(Lucas Huang)氏は

ユーザーは確かにビットコインの上昇価格に興味を持っています。ビットコインが再び最高値になるのを待つことはないでしょう。

2017年12月に発生したビットコイン最高値20,089ドルは、現在のまま順調上昇し続けられた場合、2月までに20,000ドルに到達するのではないかとみられています。

興味深い海外メディアの報道




2014年6月に設立し、イギリスに拠点を構える仮想通貨取引所コインコーナー(CoinCorner)の デニ―・スコット(Danny Scott)CEO(最高経営責任者) のツイートに興味深い内容が記載されています。

ツイートによると、Bitcoin半減期から前の過去最高値を記録するまでにかかった日数を調査し、ツイートしており、2012年は85日で、2016年は230日掛かっており、今年の半減期は5月12日に迎えており、既に180日を超えていることから、いつ最高値を記録してもおかしくない状況と言えます。

大手ブルームバーグ社が、こちらもかなり興味深い内容を報じています。

現在、ビットコイン価格は2017年後半に記録した最高値に近づいており、2万ドル圏内を捉えたと言えます。
しかし、それに対してブルームバーグ社は注目すべき事態の真っ只中にあるものの、ほとんど誰もそれについて話していないと指摘しています。

2017年に1,375%の急増を記録し、翌年の2018年1月には壮大な急落によって価格は70%の下落を見せる直前、20,000ドル近くに達しました。
海外の仮想通貨アナリスト達は17,000ドルが20,000ドルを超える重要ラインであると長らく言われていましたが、今回これをあっさりとクリアしているにもかかわらず、あまり話題にはなっていません。

その原因について同メディアは、非常に不安定な要素が仮想通貨にはある点と、3月にコロナパンデミックの影響を指摘しています。

また、Sit Fixed IncomeAdvisorsのポートフォリオマネージャーであるブライス・ドティ(BryceDoty)氏は、次のように述べています。

ビットコインは、世界が終わりに近づいているように見えるときに注目を集めている。

この記事がオススメ

最大手ブックメーカー「Sportsbet.io」を知らないと損するかもしれません。

ブックメーカーとは、サッカーや野球・バスケ・テニス・ゴルフなどのスポーツなどの結果に対して賭けることのできるサービスで、欧米では絶大な人気を誇っています。

 

Sportsbet.ioは国内で遊ぶ上での問題点を全てクリアしており、日本語サポートも完備!

安心、健全、安全に世界で流行っている"大人の遊び"を日本でも楽しめるようになりました。

 

Sportsbet.ioの特筆すべき点は、自分が賭ける試合の「オッズを好きなタイミングで上げられる」事です。

 

今来ている波に乗り遅れないようにご注意ください。

(アプリ版も既に用意されている為、スマートフォン完全対応です)

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.