仮想通貨ニュース

【9月28日概況】ビットコイン鈍い動きに!月末相場に注意か?!

投稿日:

ビットコインの週明け相場は、日本時間に高く推移するものの、欧州、NY時間に売られて鈍い動きになっています。
9月末を控え、機関投資家などの大きなクジラはポジション調整や手控え感が強くなり、

再度の下落に見舞われる可能性がありそうです。
ビットコインの9月28日の概況について解説します。
(この記事は9月28日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値を紹介しています。)

 

9月27日午前7時からの動き

9月27日午前7時、486万円で推移していたビットコイン、午前8時に先物が開いた後、

ギャップを埋める動きが発生し、472万円まで下落します。
その直後から週明けの日本勢の買いに助けられ、午前11時には490万円まで上昇し、

直近高値の499万円の尻尾を掴む動きに、
ところがその後は日本勢が様子見となり、中途半端な買い上げで終わり失速、

欧州時間は横ばいだったものの、NY時間にズルズル売られ、9月27日午前5時に473万円まで下落していきます。
一夜明けた後は再び日本人が起きる午前6時頃からジリ高になり、480万円に戻して推移する展開です。
上昇が中途半端に終わり、メインのNY時間に売られているため、展開としてはあまり良くありません。

 

月末相場は下落可能性が高い?!

9月末は半期末になり、機関投資家などのポジション調整は比較的行われやすい環境にあります。
アノマリー的に9月30日に動いてくることはあまり無いため、

調整が発生する場合は9月28日の本日か、9月29日になるでしょう。
欧州、NY時間は期待できないため、日本時間に490万円を回復していない場合、

再び下落に見舞われやすくなり、注意が必要です。

 

本日のサポート&レジスタンス

本日のサポートは短期サポートが切り上がってきており、469万円の位置にあります。
明日の朝には中期サポートも切り上がるため、この水準を維持しておきたいところです。
レジスタンスは中期レジスタンスが切り下がり、短期レジスタンスと同じ位置にあります。
本日の日本時間にこの水準をクリアできれば、10月に向けて弾みがつきそうです。

 

まとめ

ビットコインの週明けの動きは、日本時間は強気だったものの、NY時間に下がり軟調な動きとなっています。
本日から月末に近づくため、再度下落していく動きが発生する可能性もあるため、注意が必要です。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.