仮想通貨ニュース

【10月20日概況】もうまだ状態のビットコイン!短期筋が熱なしで天井はまだ先?!

投稿日:

ビットコインの10月19日の前回記事で書いた通り、上昇の動きとなりました。
『まだはもうなり、もうはまだなり』のどちらの状態なのかを足元の短期筋の動きから考えると、

過熱感がなく、天井はまだまだ先の見方の方が強そうです。
ビットコインの10月20日の概況について解説します。
(この記事は10月20日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値を紹介しています。)

 

10月19日午前7時からの動き

10月19日午前7時、705万円で推移していたビットコイン、正午に717万円に上昇したものの、

円ベースの高値を更新していることから日本人の警戒心は強く、その後は動きなしになります。
午後11時には722万円に上昇しレジスタンスを全てブレイク、

その後702万円まで1時間たたずにで下落しミニ両面焼きのような動きを見せましたが、

短期サポートにはまだまだ余裕があり再び上昇、20日午前5時には735万円に上昇し、

午前7時現在は733万円で推移しています。
前回記事通り、アノマリーのいい10月19日は上昇の動きとなりました。

10月19日概況・・・https://bitcoin-valley.com/news/btcmarket-159/

短期筋の過熱感なしで天井はまだ先?!

円ベースの最高値を超えて、ドルベースでも4月につけた最高値に近づいており、

『流石にもう天井』と警戒感を強めたくなるところですが、足元の環境は高値警戒を強める局面ではありません。
バイビットなどの海外ハイレバレッジ取引所の資金調達率は、普段通りより少し高い程度で落ち着いています。
4月ごろは上限値近くまで上昇していたことを見ると、

短期筋には過熱感がなく、むしろ買い損ねている印象で、天井は今の段階ではまだ先、12月頃かと考えます。
ここから短期筋が加熱して行くと、ロケットが1弾目を切り離し、2弾目で大気圏を超えるように、

天井へと突き進むでしょう。

 

 

本日のサポート&レジスタンス

天井はまだ先と思われますが、ビットコインは最後一気に上昇して、

逆に倍返しで売られ大きな調整をすることがあるため、常に細心の注意は怠れません。
サポートは短期サポートが693万円の位置に切り上がっていますが、日中は698万円が注意ラインです。
レジスタンスはブレイクしたばかりで、再発生は早くても夜間以降になります。
本日もアノマリーは良く、基本売りは控えた方が良さそうです。

 

まとめ

ビットコインは19日に上昇し、最高値を再度更新しています。
上昇が早く、『もう天井』に意識が傾きそうになりますが、短期筋は加熱していなく、

天井はまだ先の方が足元の環境となりそうです。
サポート割れに注意しながら、流れに乗って行くといいでしょう。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.