仮想通貨ニュース

【1月5日概況】上値封鎖されたビットコイン!三角持ち合い後に底抜けか?!

投稿日:

ビットコインの1月4日の動きは、市場参加者が出揃った事から買い上げられる場面もありましたが、

結局NY時間に売られ、値を消しています。
上値が段々と切り下がってきており、下値は抜けられないものの、三角持ち合いの形になり、

この調子だと週末から来週にかけて、底抜けする様相が強まってきました。
ビットコインの1月5日の概況について解説します。
(この記事は1月5日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値を紹介しています。)

 

1月4日午前7時からの動き

1月4日午前7時、530万円で推移していたビットコイン、サポートをブレイクしたばかりでしたが、

日本勢の年明けの御祝儀買いが入ります。
株式市場が大幅高だったこと、円安が進んでいたこともあり、

日付が変わる頃には551万円まで上昇し、前日比3%以上の上昇となり、短期レジスタンスを脅かします。
ところが、日本人が就寝したNY時間は再び売られ、1月5日午前3時には530万円へと下落、

午前7時は536万円で推移していますが、上昇を簡単に消す悪い展開です。
2022年1月4日は日本、欧州、NY全ての参加者が揃い、

2022年の行方を左右する大切な1日でしたが、期待はずれの動きとなっています。

 

三角持ち合いが形成され、底抜けは週末頃?

現在の動きは、レンジ相場というより、レンジ下限を意識しつつも、

徐々に上値が切り下がってきており、三角持ち合いの形を作っています。
この動き通りなら、週末ごろから週明けまで値幅を縮小する動きになり、

その後下抜けの可能性が高そうです。
上値封鎖と呼べる状態で、動きは全く良くありません。
正月明けの新規資金の流入は、1月4日の動きで終了したと思われるため、

本日のNY時間にも底抜けには注意したいところです。

 

本日のサポート&レジスタンス

本日のサポートは、522万円の位置に短期レジスタンス、中期レジスタンスが溜まっています。
この位置を下抜けた場合は、レンジの底抜けとみなし、500万円の攻防に移りそうです。
レジスタンスは、短期レジスタンスが553万円の位置に切り下がっています。
この位置を再びブレイクできるかに注目です。
NY時間に売られていますので、

日本時間の特攻に期待したいところです。

 

まとめ

ビットコインの1月4日の動きは、小高い局面もあったものの、上昇をほとんど消す展開となっています。
上値が徐々に切り下がり、三角持ち合いの動きが形成されつつあるため、週末から来週初めに結果が出そうです。
NY時間に売られる事が多く、底抜けに注意しましょう。

ビットコイン谷 人気記事

3分で「本場のカジノ」を味わう方法を知らないままですか?

カジノで遊びたくても飛行機に乗り、

海外に行って遊ぶ以外に選択肢がありませんでした。

 

では、カジノに遊びに行く最も手軽な方法はなんでしょうか?

それは「インターネット」です。

 

最大手オンラインカジノ「Bitcasino.io」では、

自宅からスマートフォン・パソコンで「本場のカジノ」を楽しむ事が出来ます。

臨場感が溢れる「ライブカジノ」で遊ぶもよし、

慣れ親しんだ「スロットゲーム」で遊ぶもよし、

 

日本人スタッフによる24時間日本語サポート完備

入金/出金も"反映まで2分程度"と高速対応!

プレイヤーの手間を極限まで省いてくれています。

まずは「登録」して仮想通貨を狙ってみてはいかがでしょうか?

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.