仮想通貨ニュース

【1月12日概況】小反発のビットコイン!NY時間の上昇で雰囲気が変わるか?!

投稿日:

ビットコインの1月12日の動きは、久しぶりのNY時間の上昇となりました。
昨年11月中旬から、日本時間に買い上げられてもNY時間に売られることが多く、

短期の動きも減って来いましたが、少し雰囲気が変わるかもしれません。
ビットコインの1月12日の概況について解説します。
(この記事は1月12日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値を紹介しています。)

 

1月11日午前7時からの動き

1月11日午前7時、481万円で推移していたビットコイン、午後6時に491万円に上昇するも、

その後、午後11時には478万円へと下落します。
『またいつものパターンか』と警戒されましたが、

今回はNY時間に切り返し、1月12日午前2時には短期レジスタンスをブレイクして498万円まで上昇します。
ただ、500万円の節目を回復することは出来ず、午前7時現在は492万円で推移する展開です。

 

NY時間の上昇で雰囲気が変わるか?

今回は久しぶりのNY時間の上昇となった動きが出ました。
ただ、中期レジスタンスの500万円突破はなされておらず、

FOMCの動きを先取りするのは明日以降が本命となることから、今回は売りを休んだだけかもしれません。
本日の動き次第で雰囲気が変わって来たとわかるかもしれませんが、

今の時点では引き続き下落相場の最中と見ておくべきでしょう。
底入れには本日の日本時間にポジティブな買いの動きを出せるか、

NY時間に引き続きしっかりした動きができるかになりそうです。

 

本日のサポート&レジスタンス

本日のサポートは、短期サポートは正午過ぎに473万円の位置へと切り上がります。
この水準を下回った場合は、相場はまだ弱いと見て大丈夫そうです。
レジスタンスは短期レジスタンスがブレイクされているものの、

中期レジスタンスは500万円の位置に残っています。
508万円に爆発ポイントがあり、この水準を上回り安定推移できれば、

更に買いが入る可能性がありそうです。
ただ、全体的にはFOMCが来週控えているため、500万円が重いと再び失速するかもしれません。

 

まとめ

ビットコインは久しぶりのNY時間の上昇となりました。
短期レジスタンスをブレイクし、中期レジスタンスに迫っており、雰囲気が少し変わる可能性がありそうです。
ただ、本日は日本時間、NY時間共にポジティブな動きが必要になりそうで、

500万円が重いと再び下落するかもしれません。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.