仮想通貨ニュース

【2月2日概況】奇妙な動きのビットコイン?!450万円苦戦は凶兆か?!

投稿日:

ビットコインの2月1日の動きは、1月より売り物が出てこずしっかりとした動きになったものの、

450万円を突破することが出来ず、いまいち
な動きとなりました。
450万円レベルの突破に苦戦するのはあまり良くなく、上値を封鎖されている形で、

再び400万円前半に落ちる凶兆とも言えるかもしれません。
ビットコインの2月2日の概況について解説します。
(この記事は2月2日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値を紹介しています。)

 

2月1日午前9時からの動き

2月1日午前9時、443万円で推移していたビットコイン、月初の動きは大人しくなります。
午後6時に449万円へと上昇したものの、450万円に届かず、436万円へと後退、

2月2日午前1時に450.5万円と450万円を少し上回り短期レジスタンスをブレイクするも、

再び明確に抜けることが出来ず、午前7時現在は444万円で推移する展開です。
450万円が重い、意外な展開となっています。

 

450万円苦戦は凶兆?!短期筋の買いが一巡か?!

ビットコインは11月の780万円から、375万円へと落ちた後の戻しを試す展開へと移りましたが、

450万円突破に苦戦する意外な展開へとなっています。
4時間チャートで見ると、496万円から3日と少しで120万円下げ、

その後8日と少しで74万円回復したことから、6割戻しており、急落後の反発という短期筋の飛びつきは一巡してきた感じがします。
450万円から上は7割以上戻しで警戒感が強く、突破に苦戦しているのは凶兆と言えるかもしれません。
月初の動きが出やすいのは本日からなので、本日下がるとあまり良くない傾向です。

 

本日のサポート&レジスタンス

本日のサポートは、431万円の位置まで短期レジスタンスが上がってきています。
ここを下回ると、420万円へと移りそうです。
レジスタンスは昨日突破に失敗した、

中期レジスタンスが452万円の位置にあり、短期レジスタンスは455万円の位置に再び発生しています。
NY時間に下げてこないかに注目しましょう。

 

まとめ

ビットコインの2月1日の動きは、450万円突破に苦戦をする展開となっています。
勢いを削がれるのは凶兆といえ、本日からの動きに注意が必要です。
短期筋の飛びつきは一巡した感があり、NY時間の動きに注目しましょう。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.