仮想通貨ニュース

【8月29日短期予想】ビットコイン、ジャクソンショックで下落!!9月のFOMCに向け売り加速か?!

投稿日:

ビットコインの週末の相場は、ジャクソンホールでのFRB議長発言がタカ派であったことから、

290万円台から270万円台前半まで売られています。
9月22日早朝にFOMCが予定されており、FOMCは市場予想より遥かに厳しくなる模様から、

これを織り込むため、9月は売りが加速する月になる可能性が高まっています。
ビットコインの8月29日の概況について解説します。
(この記事は8月29日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値と値動きの予想を紹介しています。)

 

8月26日午前7時からの動き

8月26日午前7時、294万円で推移していたビットコイン、FRB議長講演前の午後8時までにジリジリ売られ、290万円を付けます。
ところが午後9時に米国の個人消費支出が予想より少し低かったことを材料に嵌め込む動きが発生、299万円へと上昇します。
案の定300万円には届かず、今度は午後11時にFRB議長発言がタカ派であったことから、

NY株式市場は下落、ビットコインも売られ、27日午前8時には277万円へと下落します。
土日は動きが静かなものの、買い手は死滅しかかっている動きで、272万円に下落した後、

29日午前7時現在は274万円で推移する展開です。

 

ジャクソンショック?!9月はFOMCに向け売られる?!

26日のジャクソンホールでのFRB議長発言は、『家計と企業に痛みを伴う』と、今までより直接的な内容になりました。
従来からインフレが2%に落ち着くまで金融引き締めを継続と発言しており、

勝手に来年の利下げを織り込んでいた市場に対し冷や水を浴びせた形になります。
FF金利を短期間で10%上げたボルカー元FRB議長の再来とも言われ始めており、

市場は9月に向けて方向転換が迫られそうです。
9月19日頃はETHの大型アップデートが予定されており、前はリスク回避、

後は割高に推移している部分の剥げ落ちとなりそうで、FOMCと共に9月以降は大型火薬となります。

 

本日のサポート&レジスタンス

本日のサポートは、268万円の位置に短期サポート、中期サポートが発生しています。
この水準を通過点とする動きになると注意が必要です。
レジスタンスは短期レジスタンスが282万円に降りてきていますので、

ここを一度ブレイクするくらいの元気は欲しいところです。
週明けの先物市場開けも動きが悪く、日本時間から売りが出る可能性があります。

 

まとめ

ビットコインはジャクソンショックで下落の動きとなりました。
今後のFOMCの見通しを修正する動きとなるため、今週から9月にかけて厳しい相場展開が予想されそうです。
FOMC、ETHの大型アップデートと、9月下旬に向けてボラティリティが高まるでしょう。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.