山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

コインチェックが3種類の匿名通貨取り扱い中止?保有している人は要注意!

投稿日:

コインチェックが送金先を特定出来ない3種類の匿名通貨を取扱い中止するかもしれません。

 

モネロ(XMR)、ジーキャッシュ(ZEC)、DASH(DASH)がコインチェックから消える?

時事通信が16日に、コインチェックが3種類の匿名通貨、モネロ(XMR)、ジーキャッシュ(ZEC)、DASH(DASH)の取り扱いを打ち切る方針で調整していると報道しました。

コインチェックは、約580億円にも及ぶ仮想通貨ネム(NEM/XEM)を流出させた事件により、セキュリティの見直しを実施することを発表していました。

見直し内容としては、コインチェック社内の機器を一新、セキュリティ部門の設立、取り扱い通貨のリスク洗い出し等を行う旨を記者会見で公表しました。

匿名通貨はプライバシー保護の観点からすると優れているものの、匿名性に優れている為に犯罪に使われやすいという一面があります。

通常、仮想通貨の送金はブロックチェーンによって送金先を特定出来ますが、

匿名通貨に関しては送金先が特定出来ないという特徴から、資金洗浄(マネーロンダリング)に使用されているという懸念があります。

結果として、コインチェックは取扱いリスクの高い匿名通貨3種類を打ち切りにする方針の模様です。

 

既に該当の匿名通貨を所有していた場合は?

既にモネロ(XMR)、ジーキャッシュ(ZEC)、DASH(DASH)を所有している人に対しての対応は決まっている様です。

時事通信によると、「顧客から預かっている3種類の匿名通貨は一定額で買い取ったり、本人かどうかを厳格に確認した上で出金に応じたりする方針」との事です。

本人かどうかを厳格に確認した上で出金に応じたりする方針」という文言がある為、免許証や健康保険証だけでなく、マイナンバーカードなども必要になる可能性があります。

どういった本人確認を行うのかは現在不明ですが、コインチェック内で上記3種類の匿名通貨を所有しており、かつスムーズに出金、買取を進めたいという方は、

コインチェック公式から取扱い中止のアナウンスが出た後に本人確認に必要な書類を用意する事をオススメします。

 

今後、仮想通貨の取引するならどの取引所?

仮想通貨の取引を考えているなら、DMM Bitcoinを強くオススメします。

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)で、レバレッジ取引を出来る唯一の取引所だからです。

レバレッジ取引が可能なアルトコインは7種類。

 

レバレッジ率は最大5倍となっています。

仮想通貨が話題になっているのに、手を出せなかった人には待ち望まれていた取引所とも言えます。

そして、DMM Bitcoinのスマートフォンアプリは見やすくて操作も簡単なので非常に評判が良いです。

 

さらに、各種手数料はレバレッジ手数料を除き無料となっています。

 

何か分からない事疑問があったとしても、すぐに問い合わせる事が可能な365日24時間サポート完備

LINEでの問い合わせにも対応しており、

取引初心者の方から上級者の方まで幅広い人にオススメ出来る取引所です。

 

コインチェックから取引所を移動する人が増加することが予想されます。

出遅れてしまうと、口座開設に時間が掛かってしまう為、早めの行動を心がけましょう!

早めに口座開設しておく事をオススメします!

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

 

 

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.