仮想通貨ニュース

2018年の悪夢再び!?今投資家で話題のビットコイン「三角保ちあい」を考察!

投稿日:

直近で、メディアや投資家の中で話題となっているビットコインのチャート形状があります。

今回はそれについて簡単に紹介します。

要点

・三角保ちあい
三角保ちあいは調整相場に出現するポピュラーなチャートフォーメンション。昨年もこの時期に出現しており、年末にはビットコインが暴落しました。

 ビットコインは典型的な「三角保ちあい」を形成

直近でメディアやSNS、投資家の中で共有されているものとして、「三角保ちあい」があります。

三角保ちあいはポピュラーなチャート形状のひとつで、基本的には調整相場でよく出現するチャート形状です。

ビットコイン円 6月~ 日足

上記の画像のように安値は水平線でサポートされ、レジスタンスは加工するトレンドラインにあります。

そこを結ぶと上記のような三角形になるため「三角保ちあい」と呼ばれています。

赤丸で示した箇所は6月からの高値を示していますが、通常、三角保ちあいは上値が切り下がっていることから、弱気相場のシグナルとしても有名です。

また、現在は三角の頂点にまで迫ってきていることから、相場がかなり煮詰まってきていることがわかります。

三角保ちあいは基本的に弱気相場のシグナルですが、もちろん、下降するトレンドラインをブレイクすれば、上昇トレンドの開始も期待できます。

 

18年の悪夢再び?

そして、話題になっているのが、このチャート形状が昨年と非常に酷似していることです。

ビットコイン円 日足 2018年

昨年は1年を通して巨大な三角保ちあいを形成、上値が切り下がっていく相場でした。

そして、サポートとなっていた60万円は専門家の中で割れることはないと指摘されていましたが、18年11月、ビットコインハードフォーク騒動で決壊。

今まで割れることのなかったサポートが決壊したことにより、ビットコインは年末までに30万円まで価格が下落しました。

このことがメディアや投資家の中で話題になっており、直近で警戒感が出ています。

ただ、昨年と違うのは、今年は上昇局面の中の調整であること。

18年のように年を通して下落しているわけではないので、あくまで短期~中期の調整と捉えておいた方がよさそうです。

 

まとめ

直近でメディアや投資家の中で広く共有されていることとして「三角保ちあい」があります。

これは、上値が切り下がっていく相場のことであり、現在が調整相場であることを示しています。

昨年は年を通して三角保ちあいが形成、11月にそれをブレイクし、年末の大暴落につながりました。

今年はファンダメンタルズ、チャートともに去年とまったく同じ状況とは言えませんが、念のため頭にはいれておきたいトピックではあるでしょう。

この記事がオススメ

3分で「本場のカジノ」を味わう方法を知らないままですか?

カジノで遊びたくても飛行機に乗り、

海外に行って遊ぶ以外に選択肢がありませんでした。

 

では、カジノに遊びに行く最も手軽な方法はなんでしょうか?

それは「インターネット」です。

 

最大手オンラインカジノ「Bitcasino.io」では、

自宅からスマートフォン・パソコンで「本場のカジノ」を楽しむ事が出来ます。

臨場感が溢れる「ライブカジノ」で遊ぶもよし、

慣れ親しんだ「スロットゲーム」で遊ぶもよし、

 

日本人スタッフによる24時間日本語サポート完備

入金/出金も"反映まで2分程度"と高速対応!

プレイヤーの手間を極限まで省いてくれています。

まずは「登録」して仮想通貨を狙ってみてはいかがでしょうか?

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.