山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

ビットコインは2270ドルまで下がる可能性あり!?ファンドストラッド社アナリスト

投稿日:

ファンドストラットのテクニカルアナリスト、ロバーツ・スライマー氏は仮想通貨市場がさらに下落する可能性を示唆しました。

6日のブルームバーグで報じられています。

要点

・重要な局面を迎える仮想通貨市場
ビットコインは現在、テクニカルチャートで中長期的にも重要な局面を迎えています。今後2週間程度の値動きが重要になっており、専門家も注目しているようです。

 ビットコインが3100ドルを下回ればさらなる下落

トム・リー氏が代表を務めるファンドストラッド社のテクニカルアナリスト、ロバート・スライマー氏がブルームバーグへ分析を投稿。

スライマー氏は、仮想通貨市場がさらに下落する可能性があると指摘しました。

(参照元:https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-02-07/crypto-universe-may-be-in-for-new-round-of-pain-fundstrat-says)

同氏によると、昨年最安値である3100ドルを下回ると、ビットコインは2270ドルまで下落する可能性があるとのこと。

また、ビットコインだけでなく、アルトコインも価格が下落する可能性があり、「より安い価格をつけるリスクがある」とブルームバーグ上で警告しています。

また、ビットコインが短期的に強気になるには、4200ドルを上回らなければならないとも分析しました。

 

局面を迎える仮想通貨市場

本日当ブログでも紹介しましたが、ビットコインは現在200週移動平均線という中長期的に重要な価格帯に接近しており、仮にこのまま価格が下落すれば、スライマー氏の指摘するようにさらに価格が下落する可能性は高まるでしょう。

【2/8】ビットコインは4年間のサポートにさしかかる!来週までが局面となるか!

また、その他のテクニカルでも重要な局面を迎えているようで、今週から来週いっぱいの相場動向は特に重要になってきます。

ただ、スライマー氏の指摘はあくまで「リスクがある」ということだけなので、確実にここから価格が下落するかはわかりません。

日本円でいうと、スライマー氏の指摘する価格は35万5000円になるので、今後そこを割り込むかはひとつの注目ポイントとなりそうです。

 

まとめ

ファンドストラッド社アナリスト、ロバート・スライマー氏は仮想通貨市場がさらに下落する可能性を指摘。

同氏によると、ビットコインが3100ドルを下回ると、2270ドルまで下落し、アルトコインも下落する可能性があるとのことです。

スライマー氏の指摘以外でも、現在ビットコインは中長期的に重要な局面にいるので、しばらくの間相場動向は注目となりそうです。

 

下落局面でも大きく稼げるBITPoint(ビットポイント)でビットコイントレードを始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

レバレッジは最大25倍、下落局面でもビットコインをショート(空売り)して大きく稼ぐことが可能です。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上記の記事のように、近々相場は大きく動く可能性があり、下落した場合でもショートにすれば大きく稼ぐことができます。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2019 All Rights Reserved.