仮想通貨ニュース

「金ではなくビットコインに投資を」全米でCMが放送!歴史的事例か!

更新日:

世界的な投資会社Grayscale社は2日、全米で仮想通貨投資をすすめるコマーシャルの放映を開始しました。

これまでにこのような事例はなく、ある意味では歴史的なこととも言えるかもしれません。

要点

・ターニングポイントを迎えるか
仮想通貨が全米規模でCMに流れるということは、仮想通貨のの歴史の中でも重要な意味をもつでしょう。このような事例が米国以外でも起こるのか注目です。

 仮想通貨のCMが全米で放送

今日、私たちはテレビコマーシャルを発表しました。絶対にみるべき!

サウンドオン!

グレイスケールは「Drop Gold」というキャンペーンを実施し、金を手放す代わりにビットコインへ投資することをすすめています。

その一環として、2日には全米でコマーシャルを発表。

内容は、重い金を手放した人々が身軽に動き、金を持ち続ける人は不自由になるといった内容です。

このような事例は、過去になく、その意味で今回のCMは、仮想通貨の歴史の中でも非常に重要な意味をもつことになったでしょう。

また、今後急増することは考えずらいですが、他国でもCMが放映されることがあれば、仮想通貨の普及への一歩前進となりそうです。

 

デジタル・ゴールドとは

ではなぜ、安全資産とされる金を手放しビットコインへ投資するかというと、ビットコインが「デジタル・ゴールド」と呼ばれているからです。

デジタル・ゴールド・・・簡単にいうと「デジタル版の金」という意味。ビットコインは安全資産として機能することが指摘されている。一部では、開発者が金を参考にして、ビットコインをつくったなどの指摘もあり、類似性が多くある。

Grayscale Investmentsの創業者兼CEOのBarry Silbert氏は、投資方法に関して世代交代が起きており、金よりビットコインの方が将来性が高いと指摘しています。

そのことから、グレイ・スケールは金を手放し、ビットコインに投資するキャンペーンを実施したのでしょう。

なお、「デジタル・ゴールド」の議論は多くの専門家が議論されていますが、確定的なものではなく賛否両論があります。

IT業界の大物ピーター・ディール氏「ビットコインはデジタル・ゴールドの価値がある」・G20まとめも

ただ、グレイ・スケールのように「デジタル・ゴールド」論を支持するものは多く、またビットコインが金の役割を果たすことで価格が上昇する指摘する専門家も多いので、知らなかった方は頭の片隅に入れておいてようでしょう。

 

まとめ

大手投資企業グレイ・スケールは2日、金を手放しビットコインへ投資をすすめるCMを全米で放映。

過去このような事例はなく、ビットコインおよび仮想通貨の普及の意味でもこのCMは大きな事例を持ちそうです。

直近で、ビットコインの値動きは堅調で、実用化を示すデータも出てきているので、今後こういった新しい動きが出てくるか引き続き注目です。

 

 

 

この記事がオススメ

3分で「本場のカジノ」を味わう方法を知らないままですか?

カジノで遊びたくても飛行機に乗り、

海外に行って遊ぶ以外に選択肢がありませんでした。

 

では、カジノに遊びに行く最も手軽な方法はなんでしょうか?

それは「インターネット」です。

 

最大手オンラインカジノ「Bitcasino.io」では、

自宅からスマートフォン・パソコンで「本場のカジノ」を楽しむ事が出来ます。

臨場感が溢れる「ライブカジノ」で遊ぶもよし、

慣れ親しんだ「スロットゲーム」で遊ぶもよし、

 

日本人スタッフによる24時間日本語サポート完備

入金/出金も"反映まで2分程度"と高速対応!

プレイヤーの手間を極限まで省いてくれています。

まずは「登録」して仮想通貨を狙ってみてはいかがでしょうか?

-仮想通貨ニュース
-,

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.