仮想通貨ニュース

デジタル元がJD.comによって過去最高の156億ドルの売り上げを記録

投稿日:

【要点】

・中国の独身の日である光棍節にJD.comオンラインショッピングイベントで過去最高の156億ドルの売り上げを記録しました。
・中国では現段階ではデジタル人民元のリリーススケジュールは発表されていません。
・海外ではデジタル人民元について、監視ツールと見る見方も根強く残っています。

デジタル人民元が過去最高売り上げを記録




中国のデジタル人民元(e-CNY)はまだ正式に発売されていません。
しかし、中国内のさまざまな企業が支払い方法として採用。
光棍節(こうこんせつ=中国の独身の日)の支払いオプションとしてデジタル元を追加したJD.comでは、過去最高の156億ドル(約1兆7,823億円)の売り上げを記録したことが分かりました。

光棍節は中国の商業休日であり、パートナーがいないことを嘆くのではなく、独身者が祝う日です。
この日は、世界最大のオンラインショッピングイベントとも見なされており、近年ではライブ中継が盛大に催されている光景を日本でもテレビなどで放送されているのを目にする事もめずらしくなくなりました。

JD.comは光棍節の日のデジタル元取引で記録的な156億ドルを報告。
同社のプロモーションイベントは、10月31日から開催されており、期間中、10万人近くがデジタル人民元を使用してJD.comで買い物をしています。

デジタル人民元のテストとプロモーション




特に、CBDC支払いオプションを選択したすべての人は、ウォレットをダウンロードするようにリダイレクトされ、その後、プロモーションオファーを受け取る仕組みです。

当初、中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は、政府機関の施行を許可することでCBDCを試験運用。
その後、イニシアチブはさまざまな都市の主要産業を含むように拡大しました。

中国人民銀行は現在、eコマースの巨人、ショッピングモール、旅行会社などの大手オンラインおよび小売大手と提携して、CBDCの一括テストを実施しています。

他の国々がCBDCの概念をほとんど知らなかった2014年という早い時期から、中国はデジタル元の開発に取り組んでいます。
同プロジェクト全体のプロセスは5年続き、2019年の最週四半期に完了。

2021年は通貨の正式な発売が予定されているという噂があります。
中国の北京で開催される冬季オリンピック(2022年2月4日~20日)に合わせてリリースされると推測する見方も未だ根強くのこっています。

政府はデジタル人民元の正式リリースについて、スケジュールを発表しておらず、テストプログラムを拡大するに現段階はとどまっています。
なお、デジタル人民元は現在、2年目の大量テストに入っている。

打ち上げの継続的な遅れは、中国政府が完成したテスト済み製品を世界に提示したいと考えているためという可能性も浮上しています。

現在、世界の他のどの国も、CBDCで中国の開発レベルに到達または近づけていません。
中国人民銀行によると、パイロットフェーズではこれまでに50億ドル(約5,712億円)を超えるトランザクションが処理されています。
世界中の100か国以上がソブリン国家デジタル通貨の準備をしています。
ただし、開発フェーズを完了したのはロシアや韓国などの国のみで、パイロットフェーズは2022年に予定されています。

政府が技術の進歩を追求しているにもかかわらず、CBDCは中国外からは「監視」ツールであると批判、警戒されています。
たとえば、米国の上院議員は、プライバシーとセキュリティの懸念を理由に、来たる冬季オリンピック中に米国のオリンピック選手がデジタル元を使用することに反対しています。
CBDCとその機能に対する大衆の一般的な反応は時が経てばわかるでしょう。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース
-, , , ,

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.