仮想通貨ニュース

イーサリアム2.0はいつローンチ? 10月26日に明らかになるか

投稿日:

10月26日にイーサリアムステーキング協会がオンラインイベントを開きます。
ここでは財団のキーマンであるDanny Ryan氏が、イーサリアム2.0の進捗状況について言及するのではないかといわれ、注目を集める状況です。

イベントの詳細やイーサリアム2.0の現況をまとめました。
 

要点

・イーサリアム2.0はいつ登場
10月26日のイベントでイーサリアムの質問に答えるイベントが開催されます。新バージョンの最新情報が明らかになる可能性があるとして注目を受ける状況です。

 

10月26日のイーサリアムイベントについて

2021年10月26日にイーサリアムステーキング協会は、アドバイザーであるDanny Ryan氏をスピーカーとして招くオンラインイベントを開催予定です。
Ryan氏はイーサリアム財団のキーマンとされており、彼の発言が市場に影響を与える可能性もあるでしょう。

イーサリアムステーキング協会は8月31日の設立以来、新バージョン「2.0」の進捗状況の発進に積極的です。
10月26日は新情報を明かす第一弾と位置づけており、80人限定という条件ながらZoomで無料公開されます。

ちなみに2回目以降のイベントは会員限定です。

いずれにしてもイーサリアム2.0をめぐる貴重な情報が聞けるチャンスです。
新情報の内容によっては、大きな希望を見出せるでしょう。
 

イーサリアムについてのさまざまな疑問が明らかに?


今回のイベントのタイトルは「Ethereum 2.0 が正式にいつローンチするのか?」です。
新しい仮想通貨がローンチされれば、さまざまなメリットが生まれます。

生まれ変わったイーサリアムに対する期待感から、市場価格が伸びる可能性があるでしょう。
新しい機能を利用できれば、今までにない仮想通貨の楽しみ方も望めます。

「いつローンチするのか?」とタイトルに銘打っている以上、その答えを待つ人は多いでしょう。
正確なローンチの日時までははっきりしなくても、進捗状況からある程度の見立てが出る可能性もあります。

10月26日にイーサリアム2.0の未来がはっきりするかもしれません。
 

イーサリアム2.0とは?

イーサリアム2.0は、2020年12月1日に実装されました。
近年、分散型金融を意味する「DeFi」の需要が高くなったことを受け、この人気通貨の新バージョンが注目を受けています。

本来のイーサリアムも、分散型アプリケーション「Dapps」としてゲームで使えるように、従来の投資対象にとらわれない活躍を見せています。

しかし現在のアルゴリズムだと、処理能力に限界が生じる可能性が指摘されてきました。
データの処理がうまくいかないと、送金や利用に時間がかかるような影響があるかもしれません。

そこで生まれたのがイーサリアム2.0です。
送金処理の高速化に加え、メインとは別のブロックチェーンを用意して取引時の負荷を和らげる「シャーディング」などさまざまな新機能が備わりました。

これにより今までのイーサリアムよりも高い利便性を期待されています。
世界中の仮想通貨ユーザーがイーサリアム2.0を使える時期はまだわかっていません。
10月26日にその答えは明らかになるのでしょうか。

 

まとめ

10月26日にイーサリアムはオンラインイベントを開きます。
タイトルは「Ethereum 2.0 が正式にいつローンチするのか?」です。

そのとおり、イーサリアム2.0の現在がわかるでしょう。
ここで明かされる新情報によっては、仮想通業界全体に影響を与えるかもしれません。

以上から10月26日はイーサリアムに興味がある人にとって、注目すべき日です。
イベントの内容に期待しましょう。

ビットコイン谷 人気記事

3分で「本場のカジノ」を味わう方法を知らないままですか?

カジノで遊びたくても飛行機に乗り、

海外に行って遊ぶ以外に選択肢がありませんでした。

 

では、カジノに遊びに行く最も手軽な方法はなんでしょうか?

それは「インターネット」です。

 

最大手オンラインカジノ「Bitcasino.io」では、

自宅からスマートフォン・パソコンで「本場のカジノ」を楽しむ事が出来ます。

臨場感が溢れる「ライブカジノ」で遊ぶもよし、

慣れ親しんだ「スロットゲーム」で遊ぶもよし、

 

日本人スタッフによる24時間日本語サポート完備

入金/出金も"反映まで2分程度"と高速対応!

プレイヤーの手間を極限まで省いてくれています。

まずは「登録」して仮想通貨を狙ってみてはいかがでしょうか?

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.