仮想通貨ニュース

イーサリアムとリップルは4日に揃って急上昇 その要因は?

投稿日:

今週のイーサリアムとリップルは、ともに4日の急上昇が目立ちました。
米では利上げ機運が続いていますが、1日~2日のFOMC(連邦公開市場委員会)では、将来的な利上げ幅縮小の可能性が明かされました。
これを見た投資家により、仮想通貨の買い注文が殺到した可能性があります。

以上を踏まえて、最近のイーサリアムとリップルの値動きを見ていきましょう。

 

要点

・イーサリアムとリップルは4日の急上昇が目立つ
イーサリアムもリップルも4日の急上昇が目立ちました。インフレピークアウトの可能性が生まれ、投資家たちを安心させた可能性があります。

 

今週のイーサリアム市場まとめ

今週のイーサリアム市場を見ていきましょう。
GMOコイン販売所における日足チャートでの検証です。

 

 

今週のイーサリアムは、3日から4日にかけての上昇が目立ちました。
3日の始値は21万8014円でしたが、4日の終値は23万5261円まで上がっています。
2日間での上昇率は約7.9%です。

1日~2日には米でFOMCがあり、2日の下落がとくに目立っていました。
しかし次の2日間で、それを補って余りある結果が出ています。
イーサリアムでは約2週間前から上昇トレンドが本格化していますが、そのムードが続きそうです。
 

今週のリップル市場まとめ

続いて、今週のリップル市場を見ていきましょう。
こちらもGMOコイン販売所の日足チャートによる検証です。

 

 

リップルは最近レンジ相場が続いていましたが、こちらも3日~5日の上昇が目立ちました。
3日の始値は65.069円でしたが、5日の終値は71.387円まで伸びています。
この間の上昇率は約9.7%で、同時期のイーサリアムより大きい状況です。

以上からリップルも、FOMCを通り過ぎたことで、投資家の安心を呼び込んだのでしょう。
これが上昇トレンドのきっかけになるかもしれません。
 

4日の相場上昇はインフレのピークアウト予兆が要因か

イーサリアムもリップルも、4日の相場急上昇が目立ちました。
これには、インフレのピークアウトの予兆が絡んでいるかもしれません。

ロイター通信の報道では、1~2日のFOMCで、今後の利上げ幅縮小の可能性が明かされました。
この回のFOMCではフェデラルファンド金利の誘導目標について、0.75%上昇が決まっています。
しかし次回以降は、上げ幅が狭くなるかもしれません。

以上を見た投資家たちがインフレのピークアウトを読み、仮想通貨の買い注文が集まったのでしょう。
ここから3日以降の相場上昇が起きたようです。

アメリカの利上げ機運の弱まりを、投資家たちは見逃さなかったのでしょう。
 

今後のイーサリアムとリップルの値動きは?

今後はイーサリアムもリップルも、しばらく価格上昇を続けそうです。
それぞれの移動平均線つきチャートを見ていきましょう。
5日分の短期線は青、25日分の長期線は赤になります。

まずはイーサリアムです。

 

 

10月16日あたりのゴールデンクロスから価格が一気に跳ね上がり、その勢いは衰えません。

次はリップルです。

 

 

こちらは11月5日に新たなゴールデンクロスが起きたので、しばらく上昇トレンドが続きそうです。

以上からイーサリアムとリップルは、今後の勢いがどこまで続くかが焦点でしょう。
 

まとめ

今週はイーサリアムとリップルで、4日の値上がりが目立ちました。
FOMCで、インフレのピークアウトが示唆されたからです。
これを見た投資家たちの買い注文が集まり、アルトコイン市場を刺激しているのでしょう。

インフレのピークアウトが始まったとすると、短期的だけでなく、来年における相場水準上昇まで考えた方がよさそうです。

以上からイーサリアムとリップルは、今後も価格を伸ばす可能性があります。
買うならこの時期が最適かもしれません。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース
-,

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.