山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

金融庁が仮想通貨ETFを否定!?=コインテレグラフ日本版報道

更新日:

7日に米ブルームバーグは、金融庁が仮想通貨ETFを検討していると報道しました。

しかし、コインテレグラフ日本版によると、金融庁はこれを否定しているようです。

要点

・仮想通貨ETFはフェイクニュース?
先日、金融庁が仮想通貨ETFを検討していると報道。しかし、金融庁がこれを否定していることから、ブルームバーグの報道はフェイクニュースの可能性があります。

 金融庁が仮想通貨ETFの報道を否定

コインテレグラフ日本版の報道で、金融庁の担当者に取材で報道について尋ねたところによると、担当者は報道を否定したとのこと。

コインテレグラフの取材に対し、以下のように述べたようです。

「現時点では、暗号資産を使ったETF承認の検討はしていない」

引用元:https://jp.cointelegraph.com/news/fsa-denies-the-bloomberg-report-that-fsa-is-exploring-crypto-etfs

 

今回、報道元は米ブルームバーグとコインテレグラフ日本版ですが、国内の情報ということもあって、現時点ではコインテレグフ側の報道の方が信頼度が高いでしょう。

なので今のところ「ない」と思っていて良さそうですが、今後何らかの関連する報道が出てくる可能性があるので、頭の片隅にはおいておいた方がよさそうです。

金融庁が仮想通貨ETFの承認を検討しているとブルームバーグが報道

 

米国のビットコインETFも焦点に

日本の仮想通貨ETFの動向はさておき、今後メディアでも注目を集めるのが米国の仮想通貨ETFの動向です。

2月27日には、上場最有力であるVanEck/SoildX版ETFの可否判断最終締め切り日が迫っています。

ビットコインETFは承認間近!?米SEC委員長「いくつかの問題は明確化してきている」!

SEC(米証券取引委員会)のルール上、2月27日に最終決定を下さなければならないため、その日までに判断が下されることになります(※ただ「再審査」の形で判断が保留にされる可能性はあります)

また2月27日という期日は、あくまで「可否判断締め切り」であって、それまでに結論が下される可能性もあります。

今回の審査は最終ということだけあって、内容によっては相場が大きく動く可能性があり、ここから2月末までは関連する報道に大注目となりそうです。

 

まとめ

金融庁の仮想通貨ETFに関しては、現段階では「フェイクニュース」と捉えておいた方が良さそうです。

ただ、本当に金融庁が検討している可能性もわずかに残されているので、今後関連する報道が出てきた場合には注目でしょう。

そして、ここから2月末までは米国のビットコインETFが大注目される期間でもあります。

審査結果によって、相場が大きく動く可能性が考えられるので、関連する報道に注目でしょう。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2019年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2019 All Rights Reserved.