仮想通貨ニュース

FATFが仮想通貨規制の推奨事項を明確にした最新ガイダンスを発表

投稿日:

【要点】

・FATFが以前の仮想通貨規制の推奨事項を明確にする最終的なガイドラインを発行しました。
・このガイドラインでは、どの仮想通貨エンティティが推奨要件に該当するかを明確にしています。

FATFが仮想通貨規制への幅広い機能的アプローチを推奨




FATF(金融活動作業部会)は10月28日、以前の仮想通貨規制の推奨事項を明確にする最終的なガイドラインを発行しました。

グローバルな金融規制を策定および推進する独立した政府間組織のFATFが、仮想資産および仮想資産プロバイダーのリスクベースのアプローチに関する最新ガイダンスレポートの最終版をリリースしました。

更新されたガイダンスは、分散型金融(DeFi)プロトコル、CBDC、ステーブルコイン、およびNFTの説明を含め、2021年3月初旬のドラフトを大幅に変更していく事を明らかにしています。

推奨要件を明確化




FATFは、どの仮想通貨エンティティが推奨要件に該当するかを明確にした、改訂および最終化された仮想通貨ガイダンスをリリース。

これは、分散型金融アプリケーション、NFT(非代替性トークン)、ステーブルコイン、非ホスト型または非管理型ウォレット、ピアツーピアトランザクションなど仮想通貨の最も差し迫ったトピックの多くをカバーしている。

2021年3月に公表されたガイダンス草案に含まれる当初の基準は変更されていないものの、6カ月にわたる公的および民間部門の協議の後、FATFは、仮想資産(VA)および仮想資産サービスプロバイダー(VASP)をガイダンスに加えています。

長年にわたってFATFは、VAとVASPに関する2大重要定義を提供し、明確にしてきました。
政府は、実装に関して「機能的アプローチ」に従って広く解釈し、適用する必要があると考えており、この目的のために、FATFは、仮想資産を「デジタル取引または転送が可能で、支払いまたは投資の目的で使用できる価値のデジタル表現」と定義しています。
これには、法定通貨、有価証券、およびFATF勧告の他の場所ですでにカバーされているその他の資産のデジタル表現は含まれていません。

FATFは、SEC(米国証券取引委員会)が特定の資産が証券であるかどうかを判断するためにHoweyテストを適用するのと同様に、政府は「使用するテクノロジーではなく、資産とサービスの基本的な特性」に基づき、推奨事項を適用する必要があることを明確にします。

ガイダンスはさらに、NFTまたは仮想通貨収集品について、FATFの定義ではVAとは見なさないことを明確にしました。

ただし、規制当局がNFTの性質と実用的な機能を、基盤となるテクノロジーや使用されるマーケティング用語よりも考慮すべきであるという点を繰り返しており、支払いまたは投資の目的で使用されるNFTはVAの定義に該当しなければならないという。

DEXとNFTマーケットプレイスはVASPなのか




FATFが仮想資産サービスプロバイダーをどのように定義しているのかについて、ガイドラインではVASPを企業として、別の自然人または法人のために、またはその代理として、以下の活動または操作の1つ以上を行う自然人または法人を次のように定義しています。

1.仮想資産と法定通貨との間の交換。
2.1つ以上の形式の仮想資産間の交換。
3.仮想資産の譲渡。
4.仮想資産または仮想資産の管理を可能にする手段の保管および/または管理。
5.発行者の仮想資産の提供および/または販売に関連する金融サービスへの参加および提供。

FATFは、個人または団体がこれらの活動を「ビジネスとして」実施するかどうかを決定することで、各国が機能的なアプローチを取ることを求めています。

これは、「商業的理由」および「十分に定期的に」行われるVASP活動として定義され、これを展望するためにFATFはさらに、DeFiの取り決めにおいて制御または十分な影響力を維持するDeFiプロトコルの作成者、所有者、および運営者が、これらのプロセスの一部が自動化されている場合でも、FATFに該当する可能性があることを推奨しています。

どのDeFiプロトコルがVASP要件に該当するかを特定することに関して、FATFは、いずれかの当事者がサービスから利益を得るかどうか、またはパラメーターを設定または変更できるかどうかなど、各国が複数の要因を考慮する必要があるとし、次のように語っています。

VASPの定義を満たしている場合、所有者/オペレーターは、ソフトウェアまたはプラットフォームの起動または使用前にML / TFリスク評価を実施し、継続的なリスクを管理および軽減するための適切な措置を講じる必要があります。

FATFの更新されたガイドラインは、仮想資産および仮想資産サービスプロバイダーに対処するための推奨事項の長いリストを各国に提供し、完全な禁止、ライセンス、レポートおよび記録保持の要件、トランザクションの監視、VASP操作の監視が含まれています。

しかし、結論としてFATFは、DeFiと仮想通貨をどのように扱うかを独自に決定する余地を各国に残している。

ビットコイン谷 人気記事

3分で「本場のカジノ」を味わう方法を知らないままですか?

カジノで遊びたくても飛行機に乗り、

海外に行って遊ぶ以外に選択肢がありませんでした。

 

では、カジノに遊びに行く最も手軽な方法はなんでしょうか?

それは「インターネット」です。

 

最大手オンラインカジノ「Bitcasino.io」では、

自宅からスマートフォン・パソコンで「本場のカジノ」を楽しむ事が出来ます。

臨場感が溢れる「ライブカジノ」で遊ぶもよし、

慣れ親しんだ「スロットゲーム」で遊ぶもよし、

 

日本人スタッフによる24時間日本語サポート完備

入金/出金も"反映まで2分程度"と高速対応!

プレイヤーの手間を極限まで省いてくれています。

まずは「登録」して仮想通貨を狙ってみてはいかがでしょうか?

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.