仮想通貨ニュース

フェラーリが仮想通貨で買える ビットコインやイーサリアムなど決済対象に

更新日:

ロイター通信の14日報道によると、イタリアの高級スポーツカーメーカーのフェラーリが、仮想通貨決済を始めました。
富裕層の顧客やディーラーなどが、かねてから仮想通貨決済を要望しており、フェラーリが受け入れた形です。
多くの業界で仮想通貨決済が広がるなか、自動車業界は慎重な傾向でした。
しかしフェラーリは、前向きに取り入れる方針です。
今回の仮想通貨決済の開始報道について、詳しく見ていきましょう。

要点

・フェラーリが仮想通貨決済を開始
イタリアの高級車ブランドであるフェラーリが、自動車購入に仮想通貨を使えるようにしました。

 

顧客やディーラーなどの要望で仮想通貨決済を開始

フェラーリの最高マーケティング・商務責任者であるエンリコ・ガッリエーラ氏はロイター通信に対し、同社の仮想通貨決済の開始を明かしました。
顧客やディーラーによる要望が強く、フェラーリが受け入れた形です。

顧客の大半が仮想通貨へ投資しており、ビットコインやイーサリアムで自動車を買える体制を求めていたようです。
加えてディーラーも、仮想通貨決済の要望を出していました。
以上からフェラーリは、仮想通貨で自動車を買える体制を作ったのです。

ロイター通信の報道では、米国のフェラーリディーラーの大半は、すでに仮想通貨決済の導入へ合意しています。
米国は世界的に仮想通貨ビジネスをリードしているため、フェラーリも最初は米国で商業効果を試すのでしょう。

イタリアの名門自動車メーカーがきっかけとなり、自動車業界でも仮想通貨決済が広まるかもしれません。
X(旧Twitter)では、以下の口コミがありました。



 

ビットコインやイーサリアムなどが利用可能に

2023年10月14日時点で、フェラーリでは以下の3種類の仮想通貨が使用可能です。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・USDコイン(USDC)

ビットコインイーサリアムというメジャー通貨に加え、ステーブルコインであるUSDコインでの決済もできます。
上記の3種類は世界的需要があるため、決済機会の増加につながりそうです。

ガリエラ氏によるとフェラーリの顧客層には、仮想通貨ユーザーが多いといいます。
たとえば顧客層には、仮想通貨で資産を増やしている若者がいるのです。
さらにポートフォリオの多様化で、仮想通貨へ投資するケースも見られます。
以上から、仮想通貨決済への需要は十分と考えているのでしょう。

フェラーリの動向次第では、仮想通貨関連のサービスが広がったり、決済可能な銘柄が増えたりする可能性があります。
 

自動車業界の仮想通貨決済をめぐる過去の動向

自動車業界は全体的に、仮想通貨決済に対して慎重でした。

たとえば2023年9月に、仮想通貨決済サービスのFCFペイが、ホンダ車購入時の仮想通貨決済が可能になったと明かしましたが、後日に米国ホンダが発表内容を否定しました。
FCFペイのXアカウントは、2023年10月18日時点で凍結されています。

また2021年には、テスラがビットコイン決済を取り入れながら、約2カ月弱で中止しました。
イーロン・マスクCEOは、仮想通貨使用による環境への影響を懸念しています。
このように自動車業界は、仮想通貨へのネガティブなスタンスが多かったのです。
今回のフェラーリの決断は、Web3時代において画期的でしょう。
 

まとめ

フェラーリが自動車購入に対し、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨決済を受け入れました。
自動車業界全体では、仮想通貨決済の導入に対し、慎重な傾向です。
以上からフェラーリの決断は、流れを変えるでしょう。

フェラーリの顧客の大半は仮想通貨へ投資しており、彼らの要望も見られました。
幅広い支持によって、新しい決済体制が生まれた形です。
フェラーリの活躍次第では、自動車業界でも仮想通貨決済が広まるでしょう。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース
-, ,

Copyright© ビットコイン谷 , 2024 All Rights Reserved.