仮想通貨ニュース

仮想通貨に元米大統領候補ヒラリー・クリントンは悲観的?「法定通貨への脅威」

投稿日:

元米大統領候補であるヒラリー・クリントン氏が、仮想通貨に悲観的な見方をしています。

16日~19日にシンガポールで開催の「Bloomberg New Economy Forum 2021」で、彼女は見解を示しました。
世界に影響力のある要人の発言なので、ビットコインをはじめ仮想通貨市場への影響が考えられます。

ヒラリー氏の発言についてを考察します。
 

要点

・ヒラリー・クリントン氏が仮想通貨への懸念を示す
元米大統領候補のヒラリー・クリントン氏が仮想通貨に対し、従来の通貨への脅威になると懸念を示しました。

 

ヒラリー・クリントン氏の懸念

文字通り新しい通貨を取引の用途として発掘するという、とても興味深く見えながらどこか異国情緒にも思える取り組みは、従来への通貨の脅威になりそうですし、準備通貨としてのドルの役割にも脅威です。国家を不安定にさせますし、おそらく最初は小さな影響でも、やがて大ごとになります。

INSIDERの報道によると、ヒラリー・クリントンは以上の発言をするなど、仮想通貨への懸念を示しました。
この発言は16日~19日に開催されたシンガポールの「Bloomberg New Economy Forum 2021」でのものです。

ヒラリー氏は仮想通貨の発展により、従来の通貨の地位を脅かすことになれば、国家を不安定にさせると考えているようです。
史上最高値更新を繰り返すなど話題になったビットコインですが、これがかえって世界経済に悪影響をもたらすと指摘しています。

2021年9月にエルサルバドルで法定通貨に認められたように、ビットコインの生活への浸透が続いています。
しかしヒラリー氏はこうした動きに対しても、世界中の人々の生活へのリスクを感じているのでしょう。
 

ヒラリー氏が挙げた仮想通貨のリスクは正しいのか?

今回の発言でヒラリー氏が指摘した仮想通貨のリスクについては、我々も気をつけなければいけません。

「Bloomberg New Economy Forum 2021」においてヒラリー氏はビットコインについて、犯罪に使われたときの国家への影響を挙げていました。

実際に2018年初頭に日本では、Coincheckのハッキング被害が起きています。
主にNEMが流出したのですが、この時期から仮想通貨の価格は軒並み暴落しました。

仮想通貨を決済手段として利用するとき、価値下落が悪影響を与えることがあります。
ビットコインにしても1BTCあたりの価格急落で使いづらくなるかもしれません

また従来への通貨の脅威になることについて、2021年7月にJPモルガンも似た指摘をしています

JPモルガンは、ビットコインを法定通貨とするエルサルバドルの動向に否定的でした。

エルサルバドルがそれまでメインの通貨としていた米ドルについて、ビットコインとの交換需要が安定しない可能性があるからです。
これが現実になったとき、財政的なリスクが生じるとのことです。

このようにビットコインの世界的に浸透について、世界的な要人が懸念を示すケースが続いています。  
 

ビットコイン市場への影響は?

ヒラリー・クリントン氏のネガティブな発言で、仮想通貨の市場にも影響が及ぶでしょう。

ビットコインは10日に史上最高値の772万2963円を記録しました。
しかし現在は下落が続いており、600万円台での取引が主になっています。

クリントン氏の発言がさらに価格を押し下げる可能性があります。
しばらく下落トレンドが続くかもしれません
 

まとめ

ヒラリー・クリントン氏の発言が話題になっています。
彼女はビットコインに対し、従来の通貨への脅威になり、国家を不安定にさせると考えているからです。

ビットコインをはじめ仮想通貨については、将来性を評価する声と、世界経済への悪影響を懸念する意見が飛び交っています。
他の要人の発言や、各国の規制状況にも注目するなど、世界的な動向の注視が必要でしょう。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.