仮想通貨ニュース

ビットコインの消費電力はグーグルとフェイスブックを合わせた8倍に相当

投稿日:

【要約】

・自然保護論者は地球の環境を破壊すると非難しています。
・批判の背景には、ビットコインが消費する膨大な消費電力が指摘されています。
・ビットコインが消費する電力は、ヨーロッパの複数国が消費する電力に相当しているほか、大手ハイテク企業のGoogleトFacebook社を合わせた8倍に相当し、地球の環境が破壊されていくと批判されています。

事前保護論者はビットコインの消費電力を批判




Bitcoin(ビットコイン/BTC)は分割可能な仮想通貨で、その不安定さに加えて、犯罪活動を支えている事実と、それに関する批判に直面していることは周知の事実ですが、自然保護論者は地球の環境を破壊すると非難しています。

自然保護論者がビットコインについて地球の環境を破壊すると批判している背景には、ビットコインが消費する膨大な電力量がこれら批判を引き起こしています。
Tradingplatformsが公表したデータによると、年間143テラワット時(TWh)の電力を消費している事が判明。
驚くことに、これは、ヨーロッパの複数の国が消費している電力以上に相当しており、TradingplatformsのEdith Reads(エディス・リードス)氏は次のように語っています。

ビットコインが消費するエネルギーの量が懸念されています。その取引は、現在、一部の国全体が行っている以上のものを使用しています。そして、この数字は、実行するためにより多くの電力を必要とする資産のマイニングの難しさが増しているため、今後、必ず上昇するでしょう。


ビットコインの膨大なエネルギー需要




他のデータと比較すると、数字はまったく新しい意味を持ち、グローバルデータセンターは年間205TWhを消費しており、比較すると、BTCだけでこの合計の70%を消費しています。

さらに、個々のハイテク企業に対しての格差は拡大しており、たとえば、Google社は12TWhしか使用しておらず、これはビットコインのエネルギー消費量の12分の1に相当します。
同様に、Meta(旧、Facebook)は5TWhの電力を必要としおり、3.5パーセントに当たる消費量となっている。

ビットコインはさらに、国全体のエネルギー需要を覆い隠しています。
たとえば、ビットコインが消費するエネルギー需要は、ノルウェーやスイスよりも高くなっています。
ノルウェーでは124TWhを消費しており、スイスでは56TWhを消費しています。
これらの数値は、ビットコインの電力需要に対し、ノルウェーが19TWh、スイスでは86TWh下回っています。

ビットコインの場合




ビットコインは、テクノロジーという側面からも否定的な評判を得ており、PoW(プルーフオブワーク)コンセンサスプロセスを使用し、トランザクションを検証しています。

PoWはエネルギーとハードウェアを大量に消費し、さらにマイニング業者は、マイニング稼働に再生不可能なエネルギー資源を使用しています。
とはいえ、ビットコイン業界は横臥している批判を受け入れていません。
支持者(ビットコインサポーター)は、他のありふれた活動がより大きな環境影響を与えると指摘しています。
その最たる例が、銀行システムとアイドリング機器によって浪費される電力量の2例です。

ビットコインは再生可能エネルギーマイニングに移行しています。
PoS(プルーフ・オブ・ステーク)など、エネルギー節約のコンセンサスに切り替えることを提案する声も聞こえています。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース
-, , , ,

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.