山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

JCBAが緊急提言!仮想通貨取引所の「板取引」が全面規制?

投稿日:

20年上半期から施行される改正金商法において、「解釈次第」では国内仮想通貨取引所の板取引が全面規制される可能性が浮上したとのこと。

これにつき、6日JCBA「一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会」が緊急提言をおこないました。

要点

・板取引(店頭取引・OTC)
「板取引」とは、顧客と顧客同氏がオーダーを出し合い、売買をおこなう方法のこと。一般的に、店頭取引は手数料が安いことや、オーダー状況を知れるなど多くのメリットがあるとされる。

 国内取引所の「板取引」が全面禁止に?

国内の主要仮想通貨取引所で組織されるJCBAは6日、緊急提言を発表。

それによると、20年から施行される改正金商法において、「解釈次第」では取引所の「板取引」が全面禁止される可能性があるとのことです。

店頭取引とは、簡単にいうと、取引所が提示した価格ではなく、顧客同氏が出し合ったオーダーで売買をおこなう方法のこと。

国内では、ビットバンクなどが「板取引」の取引所として有名です。

6日、ビットフライヤーCEOでJCBAの副会長を務める加納氏も事態の重要性を主張しています。

 

今後の展開はどうなるのか

もともと6日に加納氏は呟いていましたが、10日、フォロワーおよそ2.7万人をほこる「仮想通貨NISHI」がツイートしたことにより、コミュニティーの間で話題になっている模様。

https://twitter.com/Nishi8maru/status/1171342932986564608

このことを簡単に説明すると、改正金商法の解釈次第では、現在の仮想通貨取引所が「板取引」をおこなうには「取引所免許」なるものを取得しなければならなくなる恐れがあるとのこと。

これは、国内で「東証」といった一部の証券取引所しか取得しておらず、非常にハードルが高い免許とのことです。

その結果、国内の取引所から「板取引」が全面規制される可能性があるようです(免許取得のハードルが高いため)。

バイナンスといった主要海外取引所も、ほとんどが板取引となっており、仮に全面規制されることとなれば、国内の取引所は非常に遅れをとることに。

世界でも仮想通貨規制が進んでいるといわれている日本において、板取引が規制されることが考えずらですが、今後の動向はチェックしておいた方が良いかもしれませんね。

 

まとめ

国内の主要仮想通貨取引所で組織されるJCBAは6日、緊急提言を発表。

20年から施行される「改正金商法」において、「解釈次第」では国内の「板取引」が規制される可能性が浮上しており、直近でコミュニティー内で話題となっています。

世界でも仮想通貨規制が進んでいると言われている日本において、そのような事態になることは考えずらいですが、取引をする方には重要なこととなるので、念のため動向は追っていった方がよいかもしれません。

 

この記事がオススメ

当サイトでも反響のあるおすすめ記事です。テスラ社の511万円のモデルの車がプレゼントなどのキャンペーンが現在行われています。
ビットカジノスポーツベットは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノとブックメーカーです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府のライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了して遊べます。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

現在お得なキャンペーン中のため一度目を通しておくのがオススメです!

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2019 All Rights Reserved.