仮想通貨ニュース

Fintoniaがシンガポールのプロ投資家向けに2つのビットコインファンドを立ち上げ

投稿日:

【要点】

・シンガポールのシンガポール金融管理局(MAS)が、機関投資家を対象とした2つのビットコインに焦点を当てたビットコインファンドを承認しました。
・「Fintonia Bitcoin PhysicalFund」と「FintoniaSecured Yield Fund」と呼ばれる2津の金融商品は、プロの投資家に焦点を当てた商品です。
・仮想通貨投資商品の週ごとの流入は増加しており、投資家はビットコインを安全かつ効果的に利用するため、より多くの方法を模索しています。

フィントニアグループのプロ投資家向け金融商品をMASが承認




デジタル資産ファンドの需要の高まりに応えるため、シンガポールのファンドマネージャーであるフィントニアグループ(Fintonia Group)は、世界最大の仮想通貨のパフォーマンスを追跡する2つの機関投資家向けファンドの立ち上げを発表しました。

今回新たに発表された金融商品は、「Fintonia Bitcoin PhysicalFund」と「FintoniaSecured Yield Fund」と呼ばれるもので、シンガポール金融管理局(MAS)によって正式に承認された金融新製品です。

フィントニアの新ビットコインオファリング




2つの機関投資家向け新製品は基本的に、Bitcoin(ビットコイン/BTC)への長期限定のパッシブエクスポージャーを探求するプロの投資家に焦点を当てています。

Fintonia Bitcoin Physical Fund
同ファンドは、仮想通貨への直接のエクスポージャーを探している機関投資家に捧げられる商品です。
この商品によって投資家は、大量のビットコインを購入、保存、および販売できます。

フィントニアのエイドリアン・チャン(Adrian Chng)創設者兼会長によると、このファンドは「物理的なビットコインを取得」していると述べています。
これは、会社が仮想通貨のデリバティブ商品の代わりに実際のビットコインを購入することを意味しています。

Fintonia Secured Yield Fund
このファンドは、ビットコインによって担保されたプライベートローンへのアクセスを探している投資家を対象としています。

ビットコインは、投資家の想像力をかき立てるほか、ローンの優れた担保としての地位を確立している資産です。
その理由として24時間年中無休の取引や高い流動性など、複数機能が挙げられており、これらのいくつかを引用しながら、チャン会長は次のように述べています。

必要に応じて、商品や実物資産などと比較して、迅速に清算できます。

なお、2つのファンドは、ユーザーの仮想通貨をコールドウォレットに保存するサードパーティのライセンスを受けたカストディアンに依存していることに注意しなければなりません。

3桁のミリオンスコア




フィントニアでは最新のローンチについて楽観的な見方を示しています。

楽観的と断言できる背景には、同社が、両ビットコインファンドは最初の1年以内に数百万ドルに達すると予想している事に起因しています。

ビットコインと仮想通貨に対する投資家の欲求を高めるという現在の市場シナリオを考えると、フィントニアの目標は実現する可能性が高いとみられています。

さらに、英国に拠点を持つ仮想通貨投資企業であるCoinShares(コインシェアーズ)によると、ビットコインとイーサリアム(Ethereum/ETH)に捧げられたデジタル資産ファンドに関する感情は、多くの修正にもかかわらず、動揺していないとのこと。

ETF(上場投資信託)を含む仮想通貨投資商品の週ごとの流入は、11月20日までの1週間で1億5400万ドル(約174億円)に増加。
機関投資家は市場の後退について特に懸念はしていません。
これらのかわりに、投資家はビットコインを安全かつ効果的に利用するため、より多くの方法を模索しているという。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース
-, , , ,

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.