山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

ライトコイン(LTC)創始者チャーリー・リー氏「最後はライトコインから手をひくことになるかもしれない」と発言

更新日:

ライトコインの創始者であり、日ごろからTwitterアカウントでも発信しているチャーリー・リー氏は、27日のインタビューで仮想通貨の非中央集権問題についてコメントしました。

その中でリー氏は、非中央集権性を高めるために将来的にはライトコインから手を引くべきだとの見解を示しています。

 

仮想通貨をめぐる中央集権と非中央集権の問題

中央集権とは、権力やお金が国や組織に集中していることをいいます。非中央集権は、その逆でどこにも権力やお金が組織に集中していないことです。

ブロックチェーンを提唱したサトシ・ナカモトはその論文の中で、現在の金融モデルの中央集権性を批判しています。

簡単にいうとそもそも仮想通貨は「非中央集権でなければいけない」というところから始まっているのです。

 

仮想通貨がかかえる矛盾

しかし、現在、多くの仮想通貨は非中央集権を貫けず、矛盾した状況に陥っています

たとえば、ビットコインのマイニング報酬の多くは中国の企業が占めているといわれ、中央集権的な構造になっています。

 

なぜ創始者がライトコインから手を引くのか

リー氏がライトコインから手を引く理由は簡単です。

それは、ライトコインが中央集権にならないようにするためです。

リー氏がいることにより、みんなが発言に注目し、またライトコインのユーザーの中にはリー氏に同調する人も多いでしょう。

しかし、中央主権のままだと、何かのきっかけでリー氏がいなくなればライトコイン自体が止まってしまう可能性があります。

リー氏はインタビューの中で「仮想通貨が非中央集権を目指すのであればリーダー(リー氏のような存在)はいてはならない」とコメントし、「将来的にはライトコインから手をひくことになるかもしれない」とコメントしています。

 

価格の影響は?

短期的に価格が急騰するようなニュースではありませんが、長期的に考えればポジティブなニュースといえるでしょう。

なぜなら、ライトコインを支持する人・コミュニティーにとって非中央集権の理念は大事な要素だからです。

非中央集権性が高まりライトコインを使う人が増えれば価格上昇にもつながりますね

参照元:https://www.financemagnates.com/cryptocurrency/news/charlie-lee-democracy-better-less-efficient/

 

Shiftクレジットカードがライトコインと提携!VISA加盟店3,800万店舗で利用可能に

4月には仮想通貨デビットカードShiftでライトコインが対応するのが発表されました。

Shiftは日本円で2,189円で作成することができ、世界中のVISA加盟店3800万店舗で使える便利な仮想通貨デビットカードです。

ライトコインのユーザーにとっては嬉しいニュースですね。

 

テンエックス(TenX)社はライトコインを使ったデビットカードをリリース

また、仮想通貨デビットカードして有名なテンエックス社はライトコインを使ったデビットカードを発行するのを発表しました。

詳細は未定ですが、5月中に追加で発表があるとされています。

テンエックス社は独自の仮想通貨も発行し、ICOでは10分間で約72億円を調達した注目企業です。

仮想通貨デビットカードの中では一番有名といっても過言ではありません。

 

まとめ~実用化が進むライトコイン~

ライトコインはビットコインよりも送金スピード・決済が早いのが特徴です。

その通り、着々と企業の提携が進んでいます。

支払い・決済においては、リップルとは違う道で、実用化が進んでいる仮想通貨ですね。

また、もし将来リー氏のいう完全な非中央集権化が実現すれば、取引量はもっと増える可能性もあります。

今後もデビットカードの決済や価格上昇に期待できそうです

 

ライトコインを取引するなら

DMM Bitcoinはライトコインのレバレッジ取引ができる国内唯一の取引所です

なので、他社よりもライトコインでハイリターンの取引ができます。

レバレッジ倍率は5倍。収益チャンスが他社より多いのが最大の特徴です。

また、アプリの使いやすさも定評があります。

DMMグループはFX口座で日本一開設されている業者です。長年の金融取引のノウハウがDMM Bitcoinにもいかされています。

もちろん、セキュリティーも万全。マルチシグ、顧客の資産分割管理などあらゆる対策が施されています。

ライトコインはこれからも期待ができる仮想通貨です。4月は価格も上昇しています。

なので、再度価格が上がる前に、DMM Bitcoinに登録するのをおすすめします

 

DMM Bitcoin公式

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.