山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

現在の相場が17年バブル崩壊時と似ている!?仮想通貨アナリストが解説!

投稿日:

仮想通貨アナリスト、アレッシオ・ラスターニ氏は3日、Youtubeに最新の分析を発表。

それによると、今年の相場が17年の仮想通貨バブルに似ているとのことです。

要点

・今年が17年相場と似ている4つの理由
ラスターニ氏は今年が17年相場と似ている4つの要因を指摘。日本式のチャート分析である「ラインブレイクチャート」を使って解説しました。

 現在の相場が17年バブル崩壊時と似ている!?

ラスターニ氏は3日、Youtubeで最新の分析を投稿。

それによると、現在の相場が17年バブル崩壊時に似ているとのこと。

類似点として、同氏は4つの要因を指摘しています。

①放物線的上昇
②21日移動平均線までの調整
③強い反発
④21日移動平均線を下回る急落

同氏は「ラインブレイクチャート」という日本式のテクニカル分析をおこなっていますが、単純に17相場と現在のチャートを比較したのが下記になります。

2017年バブル崩壊時

2019年現在のチャート

確かに、これだけみると、チャート形状的には似ている部分もあるでしょう。

同氏はこれらを踏まえ、現在の相場に強気になれないと説明しています。

 

年末相場はどうなるのか

既報の通り、10月から12月の仮想通貨市場は過去価格が上昇しやすい傾向に。

激熱の3カ月で市場は回復できる?仮想通貨投資会社レポート

しかし、ラスターニ氏の分析が正しければ、今後相場は17年バブル崩壊時と同じように、価格が下落することとなります。

ただ、注意したいのは、似ているのはあくまでプライスアクションだけということ。

ファンダメンタルズを含めたその他の状況は、17年当時とは違うので気をつけたいです。

また、ビットコインは過去似たような価格推移を繰り返しており、一部を切り取れば似たような値動きの箇所は多く見つかります。

直近では価格が上昇している市場ですが、10月から12月は株・為替の市場も大きく動く可能性があるので、とにかく残り3カ月の相場動向に注目です。

 

まとめ

仮想通貨アナリスト、アレッシオ・ラスターニ氏は3日、Youtubeに最新の分析を発表。

同氏は「ラインブレイクチャート」という独自の分析方法を用い、現在の相場を分析したところ、17年のバブル崩壊時に似ているとのことです。

それを踏まえた上で、しばらくの間は相場に対し弱気の見解を述べました。

もちろん、必ずしも同氏の指摘が正しいかはさておき、10月から12月は金融市場ともに相場が動きやすい時期。

直近で仮想通貨市場も同意づいてきているので、引き続き注目です。

 

この記事がオススメ

当サイトでも反響のあるおすすめ記事です。テスラ社の511万円のモデルの車がプレゼントなどのキャンペーンが現在行われています。
ビットカジノスポーツベットは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノとブックメーカーです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府のライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了して遊べます。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

現在お得なキャンペーン中のため一度目を通しておくのがオススメです!

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2019 All Rights Reserved.