仮想通貨ニュース

【7/17】ビットコイン暴落!仮想通貨市場は最重要局面へ

更新日:

15日に反発していたビットコインですが、昨日大幅な下落へ。

ビットコインは日足で一目均衡表の雲にさしかかっており、仮にこのまま価格が下落したら調整が深まりそうです。

要点

・一目均衡表
1936年の米相場から使われる移動平均線を組み合わせた日本発のテクニカル指標。現在は世界中で使われ、ポピュラーなテクニカル指標として知られる。

 ビットコインが最重要局面へ

ビットコインは下落を続ける中、15日にムニューシン長官発言などがきっかけで一時的に反発していましたが、その後再下落。

現在は重要なサポートであった105万円を下抜けており、今後の価格動向が注目されます。

ビットコイン円 日足 4月15日~

上記のチャートはビットコイン円の日足チャートに一目均衡表を表示させたものです。

現在、日足チャートでは一目均衡表の「雲」(緑色のエリア)にさしかかっているのがわかります。

仮にこのまま価格が急反発することがなければ、ビットコインは数日後に雲を下抜けることになり(チャート上赤丸の箇所)、日足レベルで少し長めの調整相場入りすることを示唆します。

ただ現在は雲にさしかかるということは、良いとこまで価格が下落していることを示唆しており、買いポイントであることも示しています。

現在はかなりボラティリティー(変動率)が高まっているため、ここから買いが入り価格が急反発する可能性もなくはないでしょう。

いずれにせよ、相場動向を見極めるには今後数日間の値動きが重要となりそうです。

 

最大で60万円までの調整説も

当ブログで何度も紹介していますが、18年相場を的中させたピーター・ブラント氏は最大で60万円までの調整を指摘しています。

ビットコインがこれから60万円まで調整!?18年相場を的中させたブラント氏

上記のように、仮にビットコインの日足チャートが一目均衡表の雲を下抜けた場合、ブラント氏が指摘する価格も視野に入ってくるため注意が必要でしょう。

ただ、ブラント氏はあくまで「最大」と述べており、どこまで価格が下落するかは定かではありません。

また、ここから価格が急反発するシナリオもまだ残されているので、どのみち数日間相場の動きを注視するしかなさそうです。

 

まとめ

先日反発をみせていたビットコインですが、16日に大幅に下落。

現在は、重要なサポートであった105万円を下抜けており、日足チャートの一目均衡表の雲にもさしかかっているので、非常に重要な局面にいるといえるでしょう。

ただ、ここから価格が急反発するシナリオもまだ完全には否定できないので、数日間は相場動向を注視したいものです。

 

この記事がオススメ

  • ビットカジノさんが用意してくれた1BTCを新規登録するみんなで山分けするキャンペーンになります。
  • 3/29~4/30の間にビットカジノにビットコイン谷経由リンクから登録したユーザーが対象です。
  • 0.1BTCの入金+0.1BTC以上のベットをしないと対象にはなりません。
    ※例えば10人が対象になった場合、1BTCを10人で分けるので、0.1BTCが無償でプレゼントされます。
  • よくある「山分けでビットコインをもらったけれど、出金条件を満たしていないため出金できませんでした。」というのは違反行為がない限りありません。

まさかの1BTCをそのまま山分けしていいですよと提供してくれる破格のキャンペーン・・・!

今来ている波に乗り遅れないようにご注意ください。

(アプリ版も既に用意されている為、スマートフォン完全対応です)

-仮想通貨ニュース
-,

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.