山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

ビットコインが急騰!レンジを突破しトレンド転換できるのか? 8/22チャート分析

更新日:

ビットコインは22日、午前に急騰。本稿執筆時点で、6600ドル台で取引されています。

明日にはProshares社のETF可否判断もあり、しばらくは価格変動に気をつけたいところです。

要点

・急騰の要因

価格急騰の背景にはテザーの新規発行や、Bitmexでショートポジションがたまっていたとの指摘があります。

ビットコインチャート分析

ビットコイン円 4時間足

ビットコインは18日からレンジ相場に移行していました。

22日午前の急騰では、レンジを上抜けたかのように見えましたが、夕方に入り際どい価格帯に突入しています。

どのみち、23日のProshares社のETF可否判断の結果次第で価格が上下する可能性があり、明確にレンジを上抜けたとは言えない展開になっています。

このまま73万円台(対ドルで6500ドル)をキープして上昇していけるかは直近の注目価格となりそうです。

なお、ドミナンスに関しては依然53%と高水準で、ビットコインが多く取引されている状況となっています。

ビットコインはレンジ相場へ!72万円突破が上昇トレンド復帰の鍵!?チャート分析・ドミナンス推移

 

急騰の要因

なお、価格が急騰した要因は、テザーがおよそ110億円ぶん発行されたとする向きがあります。

テザーは米ドルと同じ価値があるアルトコインですが、テザーが発行されると価格上昇する傾向にあるからです。

また、テザーの発行が、Bitmexのメンテナンスのタイミングと被っていたのも要因とされています。

現在、Bitmexにはショートポジションがたまっており、価格が上昇するとロスカットの買戻しが発生するからです。

 

明日にProshares社の可否判断を控える

また、明日にも可否判断の結果が出るとされているProshares版ビットコインETFの期待感が高まったとの指摘もあります。

専門家の中では、明日は承認されないだろうとの見方が多いですが、SECの声明次第で今後の可否判断の影響も知ることができ、注目度が高いイベントとなっています。

これからニューヨーク時間に入り、思惑や可否判断の結果で価格が上下する可能性は大いにあるので、ビットコインに関しては上にあげたレンジを上抜けるかに注目でしょう。

Proshares社ETFの可否判断が重要である2つの理由!ジェイク・ケビンスキー弁護士が指摘!

 

まとめ

一時は、価格が急騰した仮想通貨市場ですが、まずは可否判断の結果をみて、どう価格が動くのかを見たほうが良いでしょう。

ビットコインがこのままレンジを上抜けることができれば、8月の下落はいったん収まる可能性も出てきます。

可否判断に関しては、否決される意見が多いですが、理由によっては今後の展開が十分期待できます。

9月以降も多くの可否判断が控えているので、そちらにも期待したいところですね。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.