山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

【9/24】Bakkt開始もビットコイン下落!下落トレンドは始まってしまうのか?

投稿日:

昨日、Bakktのビットコイン先物がローンチされましたが、相場への影響は限定的。

直近の相場動向をまとめました。

要点

・ビットコイン局面を迎えるか
ビットコインは短期的なサポートであった105万円が決壊。いよいよ最後のサポートとなる100万円近辺への下落も今後あるかもしれません。

 ビットコイン下落!100万円の攻防はあるか

既報の通り、ビットコインは短期的なサポートであった105万円が決壊。

そのため、今後は100万円までの下落も視野にはいってきており、価格動向は注目となりそうです。

ビットコイン円 4時間足 7月~

上記のチャートは、7月から現在までの4時間足のチャートです。

100万円から104万円というのは、直近3カ月で何度もサポートを受けた価格帯であります。

そのため、ここが決壊すれば一段安となる公算が高いので、今後しばらくは価格動向が大注目となりそうです。

ただ悲観的かといえばまだそうではなく、これまでと同様、ここから価格が反発する可能性も高いでしょう。

 

Bakkt開始も相場への影響は限定的

昨日は待望のBakktのビットコイン先物がローンチ。

Bakktはなんで重要?特大材料をあらためて復習しておこう!

しかし、今のところ相場への影響は限定的です。

Bakktに関しては、昨年からアナウンスされていたこともあり、すでに市場が織り込んだとも言えるでしょう。

また、ある意味では「セル・ザ・ファクト」でもあるとも言えます。

セル・ザ・ファクト・・・「噂で買って事実で売れ」。あるイベントまで期待感で価格が上昇し、実際にそのイベントが起きると投資家が利確する現象。株・為替の世界では基本的な現象。

著名投資家のポール氏は「出来高が徐々に増していく」とコメントしています。

物理的であるため、おそらく徐々に段階的にスケールアップします。 CME先物では、適切なFCMを持っている人なら誰でもすぐにローンチできます。

同氏が述べるように、Bakktに関しては長期的な材料となり、直近よりもこれから出来高が増えていくかの方が重要でしょう。

2017年12月に話題になったCBOEのビットコイン先物も、ローンチ直後は価格が下落しましたが、その後1~2年経って徐々に取引が増えていった事例もあります。

これらのことを踏まえれば、Bakktに関しても長期的な目線で見た方がよさそうです。

 

まとめ

ビットコインは前日から価格が続落し、現在は104万円で推移。

それにより、7月からのサポートである100万円から104万円の重要な価格帯にさしかかっています。

昨日はBakktの先物取引が開始されましたが、今のところ相場への影響は限定的。

著名投資家のポール氏が述べるように、Bakktに関してはこれから出来高が増えていくかが重要なので、長期的な目線で動向をおった方がよさそうです。

 

この記事がオススメ

当サイトでも反響のあるおすすめ記事です。テスラ社の511万円のモデルの車がプレゼントなどのキャンペーンが現在行われています。
ビットカジノスポーツベットは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノとブックメーカーです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府のライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了して遊べます。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

現在お得なキャンペーン中のため一度目を通しておくのがオススメです!

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2019 All Rights Reserved.