仮想通貨ニュース

【10/18】ビットコインはいつレンジを脱出する?再び83万円に注目!

投稿日:

18日の仮想通貨市場は軟調な展開でビットコインはおよそ2%下落。

直近の相場動向をふまえつつ今後の展望をまとめました。

要点

・レンジ相場はいつまで続くのか
ビットコインは先週、200日移動平均線に接近する場面もみられましたが、結局はレンジ相場に。再び直近の安値にせまっており、83万円は注目となりそうです。

 ビットコインは長いレンジ相場が継続

ビットコインは先週、200日移動平均線が位置する93,4万円近辺まで上昇する場面がみられたものの、本日の動き含め今週は下落いっぽうとなりました。

ビットコイン円 日足 9月末~

上記のチャートは、暴落した先月末からのビットコイン日足チャート、オレンジの線は200日移動平均線、青い線は21日移動平均線です。

これまで200日移動平均線に近づく場面もみられたビットコインですが、結局、1か月近く上下を繰り返すレンジ相場の様相を示しています。(赤い四角でかこった部分)

これまでにもお伝えしてきた通り、下値は83万円、上値は93~94万円と値幅10万円のボックスレンジに。

引き続きこの価格をどちらにブレイクするかが注目されますが、シナリオとしてはどちらも考えられ、200日移動平均線を下回っている以上、下値リスクには十分警戒したいです。

 

ビットコインはいつレンジを脱するのか

リップルなどは直近で価格上昇していますが、ビットコインに方向感が出ない以上、アルト市場全体でも上値が重い展開が続いています。

既報の通り、10月から12月は仮想通貨市場の価格が上昇しやすい時期として知られていますが、今のところ動きはなく。

激熱の3カ月で市場は回復できる?仮想通貨投資会社レポート

11月、12月の残り2カ月の相場に注目したいところです。

また、先日は著名仮想通貨アナリスト、PlanB氏はビットコイン半減期の半年前から価格が上昇しやすいことを指摘。

ビットコインが来年5月までに200万円!?半減期過去2回は半年まえから価格上昇!

17年は仮想通貨バブルで価格が暴騰、18年は年初来安値決壊で暴落でしたが、年末は過去2年間どちらかに価格が大きく動いているので、これから年末にかけての相場動向に注目。

それとともに、ビットコインのレンジ動向にも注目したいところです。

 

まとめ

先週、200日移動平均線が位置する価格帯まで上昇する場面をみせたビットコインですが、今週は結局週をとおして下落に。

結局、ビットコインは83万円から93万円のレンジ相場の様相を呈しており、引き続きこの価格帯をどちらにブレイクするか注目されます。

シナリオとしてはどちらにブレイクする可能性も考えられますが、17年、18年と相場が大きく動いた時期でもあるので注目したいところです。

 

この記事がオススメ

現在、国内最大手のブックメーカーSportsbet.ioでは、

Sportsbet.ioに新規登録から一週間以内の方限定で、

登録から"7日経過するまで"に4連勝すれば、

「5000円分」のフリーベットが贈呈されるキャンペーン実施中!

 

ブックメーカーとは、

サッカーや野球などの結果に対して予想するサービスで、

欧米では絶大な人気を誇っています。

 

今回のキャンペーンに続き、

定期的に熱いキャンペーンが実施されている為、

スポーツ観戦が好きな人だけではなく、

予想に自信がある方は特技を生かす
「チャンス」です。

 

自分の知識、センス、分析力を発揮すれば

大きな「チャンス」を掴み続けられるかもしれません!

 

今回の機会を、「逃さないように」ご注意ください。

 

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.