仮想通貨ニュース

【11/9】ビットコイン大幅下落!何円まで下がる?

投稿日:

かろうじてレンジを保っていたビットコインですが、8日に大幅な下落をし200日移動平均線を割り込みました。

直近のビットコインの相場動向についてまとめました。

要点

・ビットコイン大幅下落
ビットコインは暴騰後、レンジを保っていましたが、8日に下落。それにより、200日移動平均線も割り込んでいるため、今後の値動きも要チェックとなりそうです。

 ビットコイン大幅下落

10月末に暴騰したビットコインですが、その後はレンジを継続。

しかし、8日に直近のサポートとなっていた97万円近辺のサポートを下抜け大幅下落となりました。

ビットコイン円 日足 10月~

それにより、これまでサポートとなっていた200日移動平均線も下抜け。

チャート形状は悪化したといって良いでしょう。

直近では50日移動平均線がある93万円近辺で価格がサポートされるか注目。

また、50日移動平均線と200日移動平均線にはさまれているため、今後も動きずらい相場が続くかもしれません。

引き続き、難しい相場が続きそうですが、現段階では強気チャートとはいえないので、センチメントとしては下方向をみておいた方が良いかもしれません。

 

再び80万円がしやも?

当ブログで何度もお伝えしていますが、200日移動平均線が中長期の値動き動向を知るために使われる重要な指標です。

10月末の暴騰では、その200日移動平均線を上回ったために専門家のセンチメントも改善しましたが、今回の下落で専門家がどうみるのかは注目したいとところ。

仮に、上記に挙げた50日移動平均線も下回ってしまった場合、再び80万円までの下落も視野に入れておいた方がよさそうです。

ただ、そこまで弱気相場のシグナルがあるというと明確に断言できないのが難しいところです。

いずれにせよ、まずは50日移動平均線がサポートされれば、再び200日移動平均線のトライもあり得るので、直近の注目ポイントはそことなるでしょう。

繰り返しにはなりますが、50・200日移動平均線の間で揉み合うシナリオも考えられるので、目線を固定するのは尚早かもしれません。

 

まとめ

10月末の暴騰以降、レンジ相場となっていたビットコインですが、8日に直近の安値を更新。

それによりサポートも決壊し、200日移動平均線も下抜けたため、チャート形状的には悪化しています。

まだ目線を固定するのは危険ですが、直近のサポートとしては50日移動平均線が位置する94万円のサポートに注目。

そこの攻防次第で今後の値動きも決まりそうなので、注目したい価格帯ではあります。

この記事がオススメ

最大手ブックメーカー「Sportsbet.io」を知らないと損するかもしれません。

ブックメーカーとは、サッカーや野球・バスケ・テニス・ゴルフなどのスポーツなどの結果に対して賭けることのできるサービスで、欧米では絶大な人気を誇っています。

 

Sportsbet.ioは国内で遊ぶ上での問題点を全てクリアしており、日本語サポートも完備!

安心、健全、安全に世界で流行っている"大人の遊び"を日本でも楽しめるようになりました。

 

Sportsbet.ioの特筆すべき点は、自分が賭ける試合の「オッズを好きなタイミングで上げられる」事です。

 

今来ている波に乗り遅れないようにご注意ください。

(アプリ版も既に用意されている為、スマートフォン完全対応です)

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.