仮想通貨ニュース

【10/7】今週の仮想通貨市場はどうなる?局面をむかえる相場動向に注目!

投稿日:

暴落後の仮想通貨市場はアルトコインにやや強い展開がみられるものの、全体としては上値が重い展開が続いています。

今週の注目価格・ポイントをまとめました。

要点

・局面を迎えるビットコイン
週明けのビットコインは安値まで付近まで下落しており局面に。今週はこの安値を維持できるか・上値ブレイクがあるか引き続き注目となりそうです。

 週明けのビットコインは早くも局面へ

週明けのビットコインは早くも直近の安値83万円にせまる局面を迎えています。

ビットコイン円 1時間足

そのため、今週はこの83万円を死守できるかが大注目となりそうです。

83万円は暴落後いっていの買いが入っており、現在は明確なサポートとなっているので、仮にそこを割り込めばストップロスを巻き込み一段安になる可能性も。

ただ、直近では反発のポイントにもなっているので、ここで反発できれば上値トライのシナリオも考えられるでしょう。

直近ではこのようにどちらに価格がブレイクしてもおかしくはないチャート形状になっているので、トレードしにくい相場となっています。

このような相場では「ダマシ」の動きも発生する可能性があるので、注意が必要でしょう。

 

材料も難しく

既報の通り、相場だけでなくメディアのセンチメントも直近では判断が難しい状況が続いています。

半減期やBakktといった長期的なテーマはさておき、短期で急騰や急落につながる材料がないのも、悩みのひとつでしょう。

先週末はPayPalがリブラプロジェクトから離脱する報道が話題に。

悪材料?リブラ(libra)からPayPalが正式に離脱したことが判明!

しかし、こちらも価格が直接動くような材料ではありません。

この10月から12月までの四半期は、このように材料がないことが問題にもなるため、市場価格が織り込める材料が出てくるかは中期的な材料となりそうです。

激熱の3カ月で市場は回復できる?仮想通貨投資会社レポート

特に、先日もお伝えした10月から12月は仮想通貨の価格が上昇しやすい期間でもあります。

まだ早いですが、年末にかけて、市場は来年の材料を織り込んでいくので、直近では新たな材料が出てくるか注目となるでしょう。

 

まとめ

暴落後のビットコインは安値はキープしつつも触りづらい展開に。

ただ、週明けは直近の防波堤となっている83万円に接近しており、しばらくの間この価格を守れるか注目となりそう。

仮に83万円をまもれれば、あらためて下値の堅さを確認することとなり、反発の可能性も。

現時点ではどちらのシナリオも考えられる難しい相場が続いているので「見」に徹するのも作戦のひとつかもしれません。

 

この記事がオススメ

最大手ブックメーカー「Sportsbet.io」を知らないと損するかもしれません。

ブックメーカーとは、サッカーや野球・バスケ・テニス・ゴルフなどのスポーツなどの結果に対して賭けることのできるサービスで、欧米では絶大な人気を誇っています。

 

Sportsbet.ioは国内で遊ぶ上での問題点を全てクリアしており、日本語サポートも完備!

安心、健全、安全に世界で流行っている"大人の遊び"を日本でも楽しめるようになりました。

 

Sportsbet.ioの特筆すべき点は、自分が賭ける試合の「オッズを好きなタイミングで上げられる」事です。

 

今来ている波に乗り遅れないようにご注意ください。

(アプリ版も既に用意されている為、スマートフォン完全対応です)

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.