仮想通貨ニュース

NBAの「サクラメント・キングス」、イーサリアムブロックチェーン上でオークションプラットフォームをリリース!

投稿日:

NBAの「サクラメント・キングス」はブロックチェーンのソフトウェア開発会社ConsenSysと提携し、イーサリアムブロックチェーンを利用した、スポーツグッズのオークションサービスをリリースしました。

要点

・NBAチームがオークションにブロックチェーンの機能を搭載
NBAのチーム「キングス」は、イーサリアムのブロックチェーンを利用し、選手が使用したグッズのオークションサービスをリリースした。これにより、透明性の高いオークションサービスに、世界中のファンが参加できるようになる。

NBAチームが、イーサリアムブロックチェーン上で動くオークションサービスをリリース

1月15日に発表されたオークションサービスは、Consensysが支援しているプラットフォームを通じて開発された。

これにより、オークションにかけられたアイテムや、取引記録などが透明な形で監査できるようになる。

サクラメントキングスは、ブロックチェーンを利用し、選手が試合で使用したグッズを入札できるオークションサービスをリリースした。

オークションには、キングスのモバイルアプリや、ホームページから直接アクセスでき、ライブオークション形式で入札が行われる

サクラメント・キングスとは

サクラメントキングスは、アメリカ合衆国・カリフォルニア州に拠点を置くバスケットボールチームです。1945年に創設されて以来、NBAのチームとして初優勝を飾っている。

2019年の戦績は15勝26敗で、西地区の14位に位置している。

キングスは、2014年頃からビットコインでの支払いを受け付けており、2018年には仮想通貨をマイニングする「マイニング・フォー・グッド」という慈善団体を設立し、労働者のトレーニングプログラムに寄付している。

テクノロジーオフィサーのライアン・モントーヤ氏は、今回のプレスリリースで以下のように述べている。

私たちは、報酬プログラムを含む複数のプラットフォームにわたってビジネスにブロックチェーン技術を統合しており、今では、ファンは革新的なブロックチェーンベースのソリューションを使用して、ゲームで使われた本物の着用商品を、リアルタイムで安全に購入する機会を得ることができます

クレジットカードさえあれば、世界中のユーザーが参加可能

オークションへの参加希望者は、クレジットカードでの支払いであれば世界中から参加することが可能で、後日商品が郵送されることになります。

オークションは、試合が始まる直前のチップオフ(ジャンプボール)に開始され、23時59分(日本時間16時59分)まで続けられます。

グッズの入札者には、所有権を含めたデジタルトークンが送られます。このトークンには、グッズが実際にどのようなゲーム・シーズンで使用されたか、またプレーヤーの情報などが記録されるようです。

プレスリリースによると、オークションでの収益は、ハリケーン・ドリアンの救援活動への資金として充てられるとのことです。

まとめ

NBAに所属するような、知名度のあるスポーツチームがイーサリアムのブロックチェーンを活用することは、大きな後押しになるのではないでしょうか。

日本でも、美術品のオークションにブロックチェーンの証明書を発行する試みがありますが、ブロックチェーンの有用性が、着実に上がってきていることは間違い無いでしょう。

今回の件をきっかけに、イーサリアムの注目度が更に上昇することに期待したいところです。

この記事がオススメ

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.