仮想通貨ニュース

日本初のNFTが使える美術館「NFT鳴門美術館」とは何か?

投稿日:

国内で初めてとなるNFT流通美術館が誕生します。
2022年3月1日にNFT鳴門美術館がリニューアルオープン予定です。
国内のアート業界に新しい流れができるので、注目する方もいるでしょう。

今回の美術館の概要を紹介します。
この記事を読んで興味が出たら、ぜひ利用してみませんか。

 

要点

・NFT鳴門美術館誕生
国内で初めてNFTが流通する美術館が話題です。その中身を見ていきましょう。

 

NFT鳴門美術館とは?

2022年3月1日にNFT鳴門美術館がリニューアルオープンを迎えます
こちらは徳島県鳴門市にあり、もともと「鳴門ガレの森美術館」という名称でした。
しかし2021年8月12日に「NFT鳴門美術館」に改称しています。

リニューアルの結果、その時点でNFT流通の美術館としては国内初になりました。
世界的にはNFTによるアートの取引が活発化しています
今回の美術館のリニューアルは、それを受けての決定でしょう。

口コミでも国内初のNFT美術館に反響が寄せられています。

 

 

 

美術館のリニューアル内容

今回のリニューアルに向けて、NFT鳴門美術館では改装工事が果たされ、新たな作品展示も予定されています

改装工事については、NFTのシステムに適用するための作り替えがメインのようです。
たとえば金庫室は、NFT化を受けた現物作品の保管に使われます。
さらにNFTやVR(仮想現実)ゲーム、メタバース(仮想空間)の勉強を目的としたルームも提供されるとのことです。

このようにNFT専用の施設が複数作られているのが、今回の美術館の目玉でしょう
アート目当てに限らず、NFTやメタバースを詳しく知りたい方にも対応しています。
NFTとアートという二つの分野が両立した場所として、今後の活躍に期待しましょう。

一方でNFT鳴門美術館は、リニューアルに伴い新たな作品展示を計画しています。
2021年10月には森永邦彦氏のブランド「アンリアレイジ」と細田守監督による映画作品「竜とそばかすの姫」のコラボレーションが発表されました

ここでは2022年春夏パリコレクションで公開されたANREALAGE x BELLE LOOKのNFT作品が1点展示される予定です。
これにアンリアレイジのNFT作品が10点加わります。

さらにヒロ・ヤマガタ氏の原画コレクション、車、AIが手がけたアートからなる「DEEP ART展」作品も登場するなど、出展作品が大きく変わります。
リニューアルで作品のラインナップも生まれ変わる点が見逃せません。

 

美術館ではNFTで何ができる?

NFT鳴門美術館では、アート取引のためにNFTが利用可能です。
美術館独自のNFTマーケットプレイスの提供により、NFTとしてのアート販売や流通が可能になります。
現金に頼らないアートの取引形態が、日本でも確立される見通しです。

NFTマーケットプレイスは発行、審査、一次販売、二次販売の4つの要素からなります。
NFTや関連アートが健全であるかどうかの審査は、市場コンプライアンスを守るうえで重要です。

そして美術館側からのNFTアートの一次販売によって、希望者は購入ができます。
NFTマーケットプレイスでは、NFTアートの購入者が独自に他の方へ売る二次販売にも対応可能です。
このように美術作品の流通体系がスムーズになり、経済効果をもたらす期待があります。

 

まとめ

国内で初めて、NFTを使える美術館が誕生します
NFT鳴門美術館では、アート作品のNFT取引のほか、VRやメタバースの勉強も可能です。
新しいアートの取引形態だけでなく、経済のあり方まで学べるかもしれません。

またNFT鳴門美術館がきっかけとなり、国内でNFT作品の取引ルートが広がる可能性も想定されます。
今回の動向が、国内におけるNFTやメタバース浸透につながるのでしょうか。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.