仮想通貨ニュース 仮想通貨マイニング

ついに到達!半減期を迎えたビットコインの価格はどうなっている?

投稿日:

要点

・第三回目のビットコイン半減期を迎える
・半減期後も価格低迷は続くのか!?

 

ビットコイン半減期無事到達!

 

ビットコインの630,000ブロック目となる、第三回目の半減期を2020年5月12日4時23分に無事実行されました。

 

(画像引用元:BLOCKCHAIN.COM)

 

半減期の63万ブロック目を生成したのは世界最大と言われる中国系仮想通貨取引所Bitmain傘下であるAntPool社で、これにより、ブロック報酬はこれまでの12.5BTCから6.25BTCへと半減しました。

 

第4回目となる次回のビットコイン半減期は

 

(画像引用元:bitcoinblockhalf)

 

2024年5月9日04:06:37 UTCを予定していますが、ブロック生成にかかる時間によって大幅に変わるため、次回半減期を正確に知るにはbitcoinblockhalfのサイトなどで随時チェックすると良いでしょう。

 

これまでの半減期の経緯は

第1回目2012年11月28日50BTC⇒25BTC
第2回目2016年7月9日25BTC⇒12.5BTC
第3回目2020年5月12日12.5BTC⇒6.25BTC(現在)

 

この一覧を見ても分かるように、ビットコイン半減期は約4年ごとに210,000ブロックを迎えています。

 

 

半減期(halving)とは?

 

半減期とは、ビットコインプロトコル(ビットコインのシステム上のルールと捉えてください)で定められているとおり、21万ブロックごとに訪れる、マイニング報酬期の半減するターニングポイントを指しています。

 

ビットコインには発行上限枚数が決まって (ビットコインの場合、発行上限枚数は2,100万枚と決まっています。)います。

既存の銀行の様な中央管理者は存在しておらず、ブロックチェーン内に記録されるデータが正確に行われているかどうかをチェックするものもありません。

 

そこでビットコインでは、トランザクション(=取引)を記録してまとめられたブロックを新たに生成させ、新規ブロック登場ごとに、トランザクションが正確かどうかを高度な計算作業によって確認しています。

この一連の流れをマイニングと呼び、計算作業をして整合性を検証している“作業者”がマイナーといいます。

 

各ブロックの検証作業は、最も早く正確にできた1社(もしくは1個人や団体など)に対してブロック報酬(=マイニング報酬)が支払われ、新規ブロック生成が21万ブロックに到達すると半減期を迎えるのです。

ちなみに…ビットコインは1ブロックがプロトコルによって1MBと決まっています。
新規ブロックはおよそ10分ごとに生成されており、検証作業が終了した時点で新たなブロックへとつながっていきます。

 

 

半減期を迎えたビットコイン価格は?

 

半減期を無事通過し、ブロックチェーン分析企業を手掛けるSantiment(サンティメント)社がTwitter

Crowd sentiment with the $BTC #halvening now official is mixed, and many traders are scrambling in regards to which individuals' theory of price movement they should latch on to, and figuring out which is most likely to come to

(日本語訳)
群衆の感情はまちまちであり、多くのトレーダーは、どの個人の価格変動理論に引っ掛かるべきか、そしてどれを理解すべきかについて見極める可能性が高い

 

とつぶやいています。

 

 

チャートをみて分かるように、今月10日午前の暴落時の価格から11日には値下がりしています。

半減期を迎えた時点で上昇したものの、10日からほぼ横ばいの価格で落ち着いています。

12日15時時点のビットコイン価格は、8708.7ドル(前日同時刻比1.50%)、日本円で938,140円前後を推移しています。

 

(画像引用元:CoinMarketCat)

 

仮想通貨全体の最近の値動きについても、ビットコインとほぼ同様の値動きになっており、10日に価格が下がって以降、半減期を迎えても横ばいの値動きにとどまっていることが分かります。

 

 

まとめ

 

仮想通貨ファンの多くが待ちわびていたビットコイン半減期を無事通過し、落ち着きを取り戻したとみられますが、価格については低迷期をまだまだ抜け出せない状況が続いています。

果たしていつまで低迷期が続くのか、コロナショックによる世界的な経済低迷を脱出した暁には、大幅な値上がりが訪れるのでしょうか。

ただ、低迷期の今だからこそ、仮想通貨の買い時と見るトレーダーも多く居ますので、まだ仮想通貨を始めていない方にとってはチャンス到来といえるのかもしれません。
このチャンスに取引所の口座を開設してみるのも良いですね!

ZAIF公式サイトはこちらから

手数料0円で取引するたびに0.01%がもらえるZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所です。
また、bitflyerやcoincheckなど他の取引所では取扱いをしていない通貨などの購入ができるのも特徴です。

運営会社であるテックビューロ株式会社は信頼できると評判で、セキュリティ対策もしっかりしています。
また、ZAIFトークンという取引所初の仮想通貨も発行しています。

一部の通貨はレバレッジ取引もでき、他で取り扱っていない通貨の売買もできるため、投資目的の方などにオススメできる取引所です。

 

この記事がオススメ

最大手ブックメーカー「Sportsbet.io」を知らないと損するかもしれません。

ブックメーカーとは、サッカーや野球・バスケ・テニス・ゴルフなどのスポーツなどの結果に対して賭けることのできるサービスで、欧米では絶大な人気を誇っています。

 

Sportsbet.ioは国内で遊ぶ上での問題点を全てクリアしており、日本語サポートも完備!

安心、健全、安全に世界で流行っている"大人の遊び"を日本でも楽しめるようになりました。

 

Sportsbet.ioの特筆すべき点は、自分が賭ける試合の「オッズを好きなタイミングで上げられる」事です。

 

今来ている波に乗り遅れないようにご注意ください。

(アプリ版も既に用意されている為、スマートフォン完全対応です)

-仮想通貨ニュース, 仮想通貨マイニング
-,

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.