仮想通貨ニュース

仮想通貨レバレッジ取引が2倍に!?国内動向に不吉な予感

投稿日:

麗澤大学経済学部教授、中島真志氏は21日、Twitterにポストを投稿。

それによると、現在金融庁では「レバレッジ2倍規制」が議論されており、メディアの話題になっています。

要点

・仮想通貨レバレッジ取引が2倍に!?
ボラティリティーが高く、未だ投機的な側面でみる投資家も多い仮想通貨。まだまだ時価総額が低い市場にとって、レバレッジ2倍規制は投資妙味を失いネガティブとなると言えます。

 国内仮想通貨レバレッジが2倍に!?

麗澤大学経済学部教授で国際決済銀行(BIS)の経験もある、中島真志氏は21日、Twitterに上記のように投稿。

現在、金融庁では、国内の仮想通貨レバレッジ取引の上限を2倍に規制する議論がなされているとのことで、仮想通貨メディアも多く報じています。

これに対し、主にツイッターでは議論が加速。

ビットフライヤー加藤氏もツイッター上でこのことを取り上げ、コメントを呼びかけました。

17年にあった「億り人」という言葉にもあったように、国内においては「儲かる」イメージの強い仮想通貨がレバレッジ規制を受ける意味においては、ネガティブな報道であったのは間違いないでしょう。

 

どうなる国内規制

一方で、米国ではレバレッジ2倍の制限が、中国においては仮想通貨規制を強化する方針と伝えられており、それに比べたら国内の仮想通貨規制は「まだマシ」と捉えることも。

ただ、SNS上では流動性の問題やレバレッジを規制することで反対に破産者が増える指摘など、金融庁の動向に反発する論調が目立っています。

レバレッジの規制に関しては、確かに上記のような指摘もありますが、投機性がなくなり市場が健全化されるという意味ではポジティブでもあります。

このように捉えようによってはポジティブ・ネガティブ両方の側面をもちますが、市場の資金流入という意味においては「儲かるから買う」という側面も必要なので、やはりネガティブな側面が強いでしょう。

それと併せて、直近になって世界的に仮想通貨規制が厳しくなってきたので、各国の規制動向はしばらくの間注目しておいた方がよいかもしれません。

 

まとめ

麗澤大学経済学部教授、中島真志氏は21日、Twitterにポストを投稿。

それによると、現在金融庁では仮想通貨のレバレッジ上限を2倍にするという議論がなされ、各メディアもこれを報じています。

規制に関しては捉えようによっては、ポジティブ・ネガティブにもとれますが、やはり現在の市場規模から考えると投機的な側面での資金流入はあった方がよいので、今回の国内規制は総じてネガティブな要因となりそうです。

 

この記事がオススメ

現在、国内最大手のブックメーカーSportsbet.ioでは、

Sportsbet.ioに新規登録から一週間以内の方限定で、

登録から"7日経過するまで"に4連勝すれば、

「5000円分」のフリーベットが贈呈されるキャンペーン実施中!

 

ブックメーカーとは、

サッカーや野球などの結果に対して予想するサービスで、

欧米では絶大な人気を誇っています。

 

今回のキャンペーンに続き、

定期的に熱いキャンペーンが実施されている為、

スポーツ観戦が好きな人だけではなく、

予想に自信がある方は特技を生かす
「チャンス」です。

 

自分の知識、センス、分析力を発揮すれば

大きな「チャンス」を掴み続けられるかもしれません!

 

今回の機会を、「逃さないように」ご注意ください。

 

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.