仮想通貨ニュース

今週のリップルの動向まとめ 裁判に進展で週末に暴騰か

投稿日:

リップル社と米証券取引委員会(SEC)の裁判に進展がありました。
有価証券問題をめぐる裁判で、双方が略式判決を申し立てたからです。
この裁判は2020年12月からの長期戦になっていますが、決着が近づいているかもしれません。

その影響から、リップル相場でも週末に価格の急上昇がありました。
最近のリップルの動向を紹介します。

 

要点

・リップル裁判決着の予感 相場も急上昇
リップルの裁判進展の影響からか、今週は価格の急上昇がありました。

 

今週のリップル相場まとめ

今週のリップルの値動きを見ていきましょう。
GMOコイン販売所の日足チャートで検証を進めます。

 

 

今週のリップルは、週末に価格の急上昇がありました。
16日の始値は46.216円でしたが、17日の終値は51.920円です。
2日間で約12.3%の値上がりでした。

リップルは週の前半において、下落が集中していました。
これが上昇トレンド中の調整局面だったとしても、16日からの値上がりは大きく目立っています。
15日にリップルの裁判進展が報じられたため、その影響を受けたのかもしれません。
今後も長期的には、上昇トレンドが続く可能性があります。
 

リップル vs SECに決着が近づき相場を刺激か

Coinpostによると15日報道でリップルとSECがともに略式判決を申し立てたことがわかりました。
13日に双方が米ニューヨーク連邦地方裁判所に、相応の手続きをしたとされます。
このような動向が、リップル相場に刺激を与えたのでしょう。

リップルとSECは、仮想通貨XRPが有価証券かどうかで、2020年12月から争っています。
当時のSECはXRPについて、1933年証券法に違反していると指摘していました。
リップル社が、証券法による登録届出義務を守っていないというのです。

一方でリップル社は、同社発行の仮想通貨について証券ではないと主張しています。
有価証券の代表例として、国債や社債、株券、投資信託の受益証券などがあります。
しかし仮想通貨は、原則として専用の取引所でのみ売買可能です。
以上の背景から、有価証券ではないと思う方もいるでしょう。

しかしリップル社とSECの主張は平行線のまま、略式裁判の申し立てまで2年近くを費やしました。
裁判の決着はいつになるのでしょうか。

今回はリップル社とSECの略式裁判申し立てが、XRP相場に好影響を与えたようです。
略式裁判では書面だけでの審理が可能になります。
原告や被告の関係者が法廷に出なくても、裁判決着の可能性があるのです。

リップル社とSECによる申し立ての結果、9月19日には裁判資料の一般公開があります。
仮修正を受ける形ですが、仮想通貨ユーザーの注目を受けるでしょう。

いずれにしても略式裁判の申し立ては、決着が近づいたサインとして、買い材料につながったようです。
今後も裁判の動向次第で、価格が大きく動くかもしれません。

リップルの裁判進展について、Twitterでは以下の口コミが寄せられました。

 

 

 

今後のリップルの価格予測は?

今後のリップルは世界経済情勢だけでなく、裁判の動向次第でトレンドが決まりそうです。
最近は裁判進展の影響で急上昇がありました。
そのため少なくとも来週にかけては、価格上昇が続く可能性があります。

ただし来週は9月20日~21日にFOMCが控えています。
前後における価格の揺らぎに気をつけましょう。
リスクオフ姿勢が強まれば、売り注文殺到で値を下げる可能性があります。

今後の経済情勢に注意は必要ですが、しばらくは上昇基調の可能性を考えましょう。
 

まとめ

リップルとSECの裁判が、略式判決として近いうちに決着の可能性が出ました。
この動向によりリップル市場も刺激を受けたのでしょう

今後も裁判次第で、リップルでは大きな価格上昇があるかもしれません。
これからの進展に注目してください。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.